このページの本文へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集! 第66回

iPhone XSにiPhone Xのケースは流用できるがちょっと微妙

2018年09月20日 10時00分更新

文● スピーディー末岡 編集●ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 そろそろiPhone XSの発売も近づいてきて、気になるのはアクセサリーだ。裸で使うのは怖い、カワイイケースを付けて使いたいなど、理由はいろいろあるとは思うが、まずはケースを付けたいところ。

 だが、iPhone Xユーザーはちょっと待ってほしい。iPhone XとiPhone XSはサイズが基本同じだから、お気に入りのケースをそのまま引き継げるのではないか? そんな疑問から編集部内のiPhone Xユーザーを集めて、iPhone XSにケースを装着してみた。

 まずはスマホ総研オカモトのケースから。

オカモトが愛用しているTPUケース。ピッタリ収まった

背面のカメラ部分はやや下側のバランスが悪い。筆者は全然気にならないのだが、オカモトは「この部分が気持ち悪い!」と訴えていた

 次にムラヤマのiPhoneケースを装着。年季が入りすぎているため、かなりヤレていた。

装着は問題なかったが、なぜか取り外しに苦戦したケース

このケースもカメラの下部分の余白が少ない

 最後に筆者のケース。UAGの耐衝撃ケースなのでゴツイのだが、とくに問題なく装着できた。

ピッタリだ、うわーい! と喜んだが、筆者が予約したのはiPhone XS Maxなのであんまり意味がなかった

元々カメラ部分が広く空いているケースなので、ご覧の余裕がある。しかし、オカモトは「でも下が狭いじゃん! 気持ち悪い!」と訴えていた

 最後に、iPhone XSの純正ケースをiPhone Xに装着してみた。

ピッタリはピッタリなのだが、ちょっと窮屈な気がする

カメラ部分はまったく余裕なし。微妙に穴とカメラの位置がズレている

 ということで、iPhone XユーザーでiPhone XSに買い替えを検討している人は、基本的にケースが使い回せると考えていい。だが、カメラの穴の位置がほんの少し違うので、気になる人にはオススメできない。ただ、筆者のように「細けえこたぁいいんだよ!」という人は使ってみるのもいいだろう。


■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中