このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集! 第61回

新しいiPhoneは美しすぎてたまらなぁい:

iPhone XS/XS Maxを開封ゥ~! ゴールドがよい感じ!

2018年09月19日 17時30分更新

文● モーダル小嶋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルが9月21日に発売するiPhone XS/iPhone XS Maxが編集部に届きましたので、さっそく開封の儀といきましょう。ちなみに届いたのはiPhone XSがシルバー、iPhone XS Maxが新色のゴールドでございます。

 基本的にはこの2モデル、画面サイズ(およびそれに起因するスペック)以外は変わりません。さらに、iPhone XSはiPhone Xとほとんどデザインが変わらないため、新色のゴールドを選ばないと違いがわかりにくいかもしれません。一方、iPhone XS Maxはその名の通り6.5型のマックスな大画面のため、一目見ただけで新しさがわかるといえるかも。ともあれ百聞は一見にしかず、さっそく見ていきましょう。

iPhone XS Max(左)、iPhone XS(右)

iPhone XSは、外見だけならiPhone Xとそっくり

まずはiPhone XSから。箱そのもののしっかりしたつくりは、さすがアップル。いまではパッケージにこだわるスマホメーカーも増えましたが、面目躍如というところ

さっそく開けていきましょう

有機ELの画面はやはりきれいですね

色はシルバー。iPhone 3Gから続く“白色”モデルの系譜といえましょうか。アップルロゴと「iPhone」の文字だけのシンプルさも、やっぱりうつくしい

iPhone XはLightning端子の左右に6個ずつのマイクとスピーカーのホールがありましたが、iPhone XSはアンテナラインが入ったために片方が3個になっています。写真では右側に見えますね

側面のステンレスフレームはやや指紋がつきやすい

iPhone X(スペースグレイ、左)とiPhone XS(シルバー、右)を並べてみると、ほとんど同じに見えます

側面のアンテナラインの有無が見分けるポイントでしょう

同梱物として、Lightningケーブル、USB電源アダプター、EarPodsがありますが、3.5mmヘッドフォンジャックの変換コネクターはなし。Bluetoothイヤフォンの普及がますます進むのでしょうか

SIMピンやアップルロゴのステッカーなど、おなじみの同梱物も入っております

iPhone XSの基本的な操作を説明した紙。iPhone 8/8 Plus以前の端末から乗り換える人にはあるとうれしいかもしれませんね

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中