このページの本文へ

iPhone XS&iPhone XR、ASCII徹底大特集!第55回

iOS 12配信開始 旧機種でもパフォーマンスを改善

2018年09月18日 19時00分更新

文● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、iOSの最新バージョン「iOS 12」の配信を開始している。iPhone 5s以降、iPad mini 2/iPad Air以降、iPod touch(第6世代)以降でインストール可能。iPhone Xの場合のファイルサイズは1.65GB。

iOS 12の紹介ページで最初に紹介されているのが「パフォーマンス」

 iOS 12の新機能としてアップルがアピールしているのがパフォーマンスの向上。負荷が高い状態でもアプリケーションが2倍速くなるほか、カメラのスワイプ、キーボードの表示といった普段の利用シーンでの性能を向上しているという。また、旧機種におても同様にパフォーマンスアップを体験できるとする。

 新機能としては「ミー文字」と呼ばれるアバター機能がある。ミー文字ではユーザーが作成したアバターがユーザーの動きに合わせてアニメーションし、メッセージやFaceTimeで利用できる。

ミー文字ではFaceTimeで自分の顔部分に合わせて表示させることも可能

 開発者向けにはARプラットフォーム「ARKit」を強化。AR空間で複数のユーザーが同時にゲームを楽しんだり、カメラに映る被写体の大きさを測定することが可能になった。

ARKit 2では他のiPhoneユーザーと同じAR空間を共有できる

■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中