このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

柳谷智宣がAdobe Acrobat DCを使い倒してみた 第71回

自分しか開けないように設定したPDFを送ってもらう方法

2018年09月06日 11時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第71回は、自分しか開けないように設定したPDFを送ってもらう。

 Acrobat DCでは、PDFにパスワードをかけて暗号化できる。しかし、逆に言えば、パスワードさえわかればPDFを開くことができるということ。もっとセキュアにデータをやりとりしたいなら、「デジタルID」を利用して、送信者以外には自分しか開けないようにしたPDFを作成することができる。手間はかかるが、重要なPDFをメールで送信する際などに利用できるので、一通りの手順は覚えておきたいところだ。

受信側が自分のデジタルIDを発行する

 まずは、受信側が自分のデジタルIDを発行し、送信側に渡す必要がある。Acrobat DCだけでなく、Acrobat ReaderでもデジタルIDを発行することが可能。「編集」メニューから「環境設定」を開き、「署名」→「IDと信頼済み証明書」→「詳細」をクリックする。「デジタルIDと信頼済み証明書の設定」画面が開くので「IDを追加」をクリックし、ウィザードを進めていく。基本的には初期設定のままでOKだ。最後に、パスワードを設定して保存すれば完了。パスワードは第三者にわからないように、複雑な文字列にしておくこと。証明書はメールで送信するか、ファイルで保存してメッセンジャーなどで相手と共有すればいい。

「編集」メニューから「環境設定」を開く。今回受信側はAcrobat Readerを利用する

「署名」から「IDと信頼済み証明書」の「詳細」をクリックする

「IDを追加」をクリック

「今すぐデジタルIDを新規作成」を選び「次へ」をクリックする

「新しいPKCS#12 デジタルIDファイル」を選び「次へ」をクリックする

証明書のID情報を入力し、「次へ」をクリックする

パスワードを設定して「完了」をクリックする

証明書を送信もしくは保存する

今回はチャットツールで証明書を相手に送ってみた

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

目からウロコのPDF使いこなし術【アクロバット連載100回記念放送】