このページの本文へ

富田林「逃亡」事件から半月、警察のお粗末ぶりに市民あきれ顔

文● 戸田一法(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
富田林署
大阪府警富田林署から勾留中の男が逃走した事件について、あまりのお粗末さに市民はあきれ顔

大阪府警富田林署から勾留中の男が逃走した事件は、発生から半月が経過した。大阪府警は男を全国に指名手配し、3000人態勢で行方を追う。だが似た男の目撃情報などは寄せられるものの、依然として行方は分かっておらず、既に大阪府内にいない可能性も指摘される。この間、管理態勢の不備のほか、初動捜査や近隣住民への周知の遅れなど、杜撰(ずさん)な対応が相次いで発覚。あまりの失態続きに、市民はあきれ果てている。(事件ジャーナリスト 戸田一法)

接見室からまんまと逃走

 男は加重逃走容疑で指名手配されている住所不定、無職樋田淳也容疑者(30)。大阪府警は5月25日、盗んだオートバイを保管していたとして盗品等保管容疑で現行犯逮捕。6月15日には、20代女性のマンションに侵入し、ナイフを突き付けて乱暴したとして強制性交容疑などで再逮捕した。

 7月12日は、いずれも女性を刃物のような物で切りつけて所持品を奪おうとした、強盗致傷やひったくりの窃盗容疑で3回目の逮捕。8月8日には住宅に侵入して20代女性を乱暴しようとした強制性交未遂容疑などで計4回、逮捕されていた。樋田容疑者は強制性交罪と強盗致傷罪、3件の窃盗罪で既に起訴されている。

 逃走したのは8月12日午後8時~8時半ごろだ。午後7時半から8時まで弁護士と接見後、弁護士が接見室から退室してから容疑者と面会人を隔てるアクリル板を蹴破って逃げたとみられる。午後8時半ごろ、樋田容疑者に似た男が富田林署付近の防犯カメラに写っていた。

 一連の逃走劇は失態のオンパレードなのだが、そもそも、なぜ樋田容疑者がまんまと逃げおおせたのか。

 まずはお粗末な原因から追っていきたい。

 全国紙社会部デスクによると、樋田容疑者が逃走したのは、面会人とアクリル板で隔てられた接見室だった。ドラマや映画などでも容疑者との面会シーンでも登場するから、どんな構造かイメージしていただけるだろう。

 そう、あのアクリル板がきちんとはまっていなかったというのだ。しかも、通常は年1回行われるはずの点検項目に含まれてさえいなかったというから驚く。

 さらに、接見室のドアには開閉する際にブザーが鳴る装置があったが、富田林署は「弁護士が接見終了時に声掛けするから不要」と電池を抜いていたという。逃走事件を受けて大阪府警は全警察署に運用状況を確認したが、ほかの署はすべて電源・電池とも入っており、電池を抜いていたのは富田林署だけだった。

 さらなる失態が明るみに出る。

 樋田容疑者はサンダルから、動きやすい署員のスニーカーに履き替えて逃走した。筆者も現地で確認したが、署のコンクリート壁は高さ3メートル近く、有刺鉄線も張り巡らされており、樋田容疑者のように身長が163センチでは到底、乗り越えられない。

 しかし、付近にはなぜか洗車用の脚立が置き捨てられていたという。指紋は検出されていないが、逃走に利用したのは間違いない。スニーカーといい、脚立といい“用意周到”で、まるで「逃げてください」と言わんばかりのご丁寧さだった。

逃走時間を献上、緊急配備も限定的

 逃がした後もお粗末だった。

 樋田容疑者は“お膳立て”してもらったスニーカー、脚立でコンクリート塀をやすやすと乗り越え、さらに近くにあった赤い自転車を盗んでまんまと逃げおおせた。富田林署員が近くの防犯カメラに写る樋田容疑者の姿を確認したのは約1時間半後。

 逃走に十分な時間的猶予を与えてしまっていた。

 こうしたケースは初動がすべてで、住民へ警戒と情報提供を求めるため迅速に周知するのがセオリーだ。しかし、大阪府民に犯罪の発生や不審者情報を登録者のメールアドレスに配信するサービスで事件を通知するまで9時間、防災無線で住民に知らせるよう富田林市に要請するまで16時間も掛かっていた。

 大阪府警幹部はメール配信が遅れた理由を「住民の不安を助長しないよう、事実確認を優先させた結果」、富田林署は防災無線要請の遅れを「市に要請する文書内容の検討に時間が掛かった」と釈明しているが、富田林市の50代男性は「なに言ってんのや。どうせ隠そうしたんやろうが。隠せるはずなかろうに。ドアホもええとこや」と憤慨する。

 富田林市内の地域情報などを掲載する掲示板には、樋田容疑者の顔写真や特徴などを記載した「手配書」が掲示されていたが、40代女性は「こんなん貼ったかて、この辺おるわけないやろ。もうとっく、遠くに逃げてはるわ」とあきれ顔だった。

 さらに初動捜査も信じられない対応だった。緊急配備を敷いたのが、富田林署がある大阪南部の周辺警察署だけで、広域的な配備をしていなかった。

 赤い自転車は発生の12日夜に隣の羽曳野市で乗り捨てられていたが、数時間後の13日未明には、樋田容疑者の地元・松原市で黒いオートバイの盗難事件があった。実は、樋田容疑者の逃走直後には、緊急配備されていなかった大阪市内で黒いバイクによるひったくりが起きていた。

 その後、翌14日夜まで樋田容疑者に似た男が黒いバイクで、自転車に乗った女性の前かごから所持品をひったくる事件が各地で発生。樋田容疑者は逃走資金を蓄えるため、緊急配備から漏れた場所でせっせとひったくりを繰り返していた可能性があるのだ。

 発生3日後の15日、ようやく大阪府警の広田耕一本部長が「府民の皆さまに多大なご不安を与え、心からおわび申し上げます。総力を挙げて逮捕に努めます」とするコメントを発表。

 20日には富田林署を訪れ「府民、住民の皆さまに不安と心配をお掛けし、大変申し訳なく思っている。組織の総力を挙げて逃走した容疑者の一刻も早い発見、確保に向けて全力を尽くしている」と謝罪した。

 通常は不祥事に関する謝罪は総務部長か警務部長の役割だ。

 府警トップが不祥事で頭を下げるということで、いかに“トホホ”なレベルだったか、お分かりいただけるだろう。それを裏付けるように、大阪府警には約3000件の苦情が寄せられている。

樋田容疑者、いずこへ

 広田本部長は記者会見で「府民、住民の皆さまに不安と心配を掛け…」と謝罪したが、不安にさせ心配を掛けているのは府民だけではない。14日未明には、兵庫県尼崎市の防犯カメラに樋田容疑者の体形に似た男が、黒いバイクで一方通行を逆送したり、同じ道を往復したりするなど不可解な運転をする姿が映っていた。

 大阪府警幹部の間には「もう、大阪府内にはいない可能性もあるのではないか。長期戦になるかもしれない」との懸念が広がっている。

 それでは、樋田容疑者はどこへ逃走しているのだろうか。

 前述の通り、樋田容疑者の地元は松原市で、土地鑑は大阪南部にあるのは間違いない。しかし、捜索が厳重な周辺に居座っているとは考えにくい。

 大阪府警は発生から延べ4万数千人の捜査員を投入し、樋田容疑者の顔写真や動画、8パターンの似顔絵、左ふくらはぎにある、ウサギが持っている小槌(こづち)から小判が出ている入れ墨など、可能な限りの情報を公開して情報提供を呼び掛けている。これまで約1200件の情報が寄せられているが、決め手となる手掛かりはつかめていない。

 全国紙デスクに聞くと、樋田容疑者は「高校時代にグレて地元の不良グループに所属。窃盗などチンケな事件を繰り返して服役し、最近、出所したばかりだった。出所後に逮捕された事件も弱い女性を狙った事件ばかりで、いわゆる荒っぽい仕事ができるほど根性が座ったやつじゃない」という。

 だから「田舎の山林や廃屋に潜伏して渡り歩くなど、サバイバルできるほどの生命力があるとは思えない。まして、土地鑑のない場所を全国津々浦々、彷徨(さまよ)ってまで逃走する精神力があるとも思えない」と見る。

「行き当たりばったりで計画性もなさそうだから、いずれ近畿の近いエリアで見つかるだろう」と推測するが、そうはいっても逃走後にひったくりの被害は相次いでいるし、いつ凶器を持った強盗に変化するか分からない。まして判決は確定していないものの、凶悪な性犯罪などで起訴された男なのだ。

 大阪府警の失態は罪深い。大阪府民だけではなく、日本国民すべてが安心できるよう、早期の身柄確保を強く要望したい。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ