このページの本文へ

9月1日発売のアライアンス スポーツシリーズ

秋に買いたい、ビクトリノックスの激かっこいいスポーツウオッチ

2018年08月29日 11時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
様々なシーンに合う質感のよさも魅力

 マルチツールメーカーとしてだけではなく、時計メーカーとしても知られるビクトリノックス。

 9月1日発売の「アライアンス スポーツ」は、44mmという少し大ぶりな直径のスポーティーな外観が魅力の多機能ウオッチだ。詳しく見ていこう。

直径44mmの迫力ある外観

イメージビジュアルにも使われているラバーベルトモデル「241818」

 まずは外観から。こちらはイメージビジュアルにも使われている「241818」というモデルだ。

 ブラックPVD加工をほどこしたステンレススチールケースを採用し、タキメーター付きの細めのベゼルがなんとも精悍。文字盤の外周や、クロノグラフの針に、さりげなく配したレッドもポイント。ラバーストラップなので、汗が気になる人にもベストな選択。

 「241819」と「241826」はレザーベルト仕様。241819がホワイト文字盤、レッドのベゼルに、ブラックのストラップ、241826はブラック文字盤、ブラックのベゼルに、ブラウンのストラップを採用。少しクラシカルなイメージを演出したい人には、レザーストラップのモデルもおすすめだ。

241819241826

 「241816」と「241817」はステンレススチールのブレスレットを採用。文字盤は241816がブラック、241817がブルー。配色を除けば、文字盤のデザインは他モデルと共通となるが、ブレスレットタイプにしたことで途端にスポーティー色が強まるから不思議。頑丈なブレスレットのモデルは、メンテナンス性の面からもおすすめ。

241816241817

 全モデル共通で、風防には無反射トリプルコーティングをほどこしたサファイアクリスタルを採用。傷の付きにくい素材で、ランニングやサイクリングといったスポーツにもぴったりだ。また、針はスーパールミノバによる蓄光式で、夜の視認性も確保。シーンを問わずに愛用できそうなモデルに仕上がっている。

スイス製ムーブ、防水、3年保証!

 本シリーズは機能性も魅力。スイスRonda製ムーブメントを採用したクオーツ式。文字盤の右斜め下に日付カレンダーを搭載している。日付カレンダーは文字盤の色を問わず白で、視認性がよいのも特徴。

 ケースバックはスクリューバック(ねじ込み式)で、10気圧(100m)防水。多少の水しぶきには耐えられるので、水場での使用時も安心だ。

 ストップウォッチとしても使えるので、ランニングやサイクリングが趣味の人にぴったりなモデル。クロノグラフは30分積算計と12時間積算計を採用。長い時間の計測にも使える。

たくましい腕にしっかり存在感を放つかっこよさ

 全モデルとも3年間の国際保証に対応する点もポイント。スイスに自社工場「Victorinox Watch Competence Center」を構える同社の自信の表れと言えるだろう。

 スポーツに適した性能を持ちながら、カジュアルや、ビジネススタイルとも合わせられる質感のよさやデザインが魅力の本シリーズ。秋に買い増す一本としていかがだろう? 価格は以下の通りだ。

  • 241818(ラバーベルト) 7万5600円
  • 241819(レザーベルト、ホワイト文字盤)6万6960円
  • 241826(レザーベルト、ブラック文字盤)6万6960円
  • 241816(ステンレススチールブレスレット、ブラック文字盤)7万1280円
  • 241817(ステンレススチールブレスレット、ブルー文字盤)7万1280円

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン