このページの本文へ

「OCN モバイル ONE」、音楽配信のカウントフリーを無料で正式開始

2018年07月20日 11時00分更新

文● オカモト/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズが展開するモバイルサービス「OCN モバイル ONE」は、対応音楽配信サービス利用時のデータ通信では通信量を消費しない、「MUSICカウントフリー」を8月1日に正式スタートすると発表した。OCN モバイル ONEのユーザーであれば、無料で利用可能(要申込、火曜日~月曜日の申し込み分は水曜日に適用開始)。

現在トライアルで提供されている音楽配信でのカウントフリーサービスだが、8月以降も無料のまま正式開始。トライアル中に申し込んでおけば、正式開始後も再度申し込む必要なく、利用できる

音楽配信での通信量がカウントフリーに!
音楽配信とサービス全体のピークが異なる!?

 OCN モバイル ONEの「MUSICカウントフリー」は、今年4月から期間限定のトライアルサービスとして提供されていたもので、対応サービスはAmazon Music、AWA、dヒッツ、Google Play、Spotify、ひかりTVミュージック、レコチョクBestの7つとなっている。

対応するサービスはこの7つ

 今回トライアルサービスの利用者の反応についてもメディアに公開されたが、利用者数が想定の150%と好調だったほか、その声も「契約していて良かった」「節約モードにしなくても音楽が聞けて、曲の読み込みも早い」と好意的なものが多かったとする。

 一方でカウントフリーを開始することによる、ネットワークへの負荷を心配する声もあったという。これに対しては、アプリが利用する通信量が増大する中では、音楽データはそもそもさほど大きくないうえ、「MUSICカウントフリー」による通信量のピークは通勤・通学時間帯の8時台とオフタイムが中心で、格安SIMにとっては一番の課題となる12時台とは重ならず、影響は比較的小さい。そのために無料での提供という判断ができたようだ。

OCN モバイル ONE全体とMUSICカウントフリーではピークが異なるとのこと

 また無料で提供する理由としては、若年層へのアピールもある。現在のOCN モバイル ONEのユーザー層は30~40代の男性が中心で、トライアルサービスについても同様。「MUSICカウントフリー」の本格展開でより幅広いユーザー層への認知度アップを狙う。

若年層の取り込みが狙いの1つのようだ

 音楽配信のカウントフリーが開始されるとなると、他の一部サービスで展開されている映像配信やSNSでのカウントフリーも期待したくなるが、映像では通信量的に画質の再調整が必須となり(スマホレベルに落とすなど)、慎重に進める必要があるほか、SNSも大容量の動画や写真をアップするユーザーが増えており、全体のトラフィックに与える影響はかなり大きいと見る。「視野に入れないといけない」としつつも、現時点では具体的な予定は無いようだ。

InterFM897、Spotifyとのコラボ企画も実施中

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン