このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

税別7万円台とリーズナブルながら第8世代Core i5とSSD搭載

作業効率重視なら14型モバイル、高コスパな機種を選ぶなら?

2018年06月27日 11時00分更新

文● 八尋/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

普段作業では不満なし!
STYLE-14FH054-i5-UHESの性能をベンチマークでチェック

 メインのノートパソコンとして使うのであれば、一定以上の性能はほしいところ。そこで、各種ベンチマークを計測して、STYLE-14FH054-i5-UHESの性能をチェックしてみた。

 パソコンの総合的な性能を計測するPCMark 10では、3245というスコアになった。PCMark 10のコンテンツ制作における性能を示す「Digital Content Creation」は2609と低めだが、基本性能を示す「Essentials」が6610、ビジネスアプリの性能を示す「Productivity」5377と、どちらも快適さの目安となる5000を超えているため、細かな写真・動画編集といったクリエイティブな作業でなければ快適にこなせるだろう。

PCMark 10の結果

 CPU性能は、CGのレンダリング性能から独自のスコアを算出する「CINEBENCH R15」で計測。CPUが553cb、シングルコアが144cbという結果だった。以前計測したデュアルコアのCore i7-7500Uを搭載するノートパソコンのスコアが336cbだったので、あくまで参考程度だが前世代のCore i7より高い結果となった。おそらくCore i7-7500Uが2コア4スレッドで、Core i5-8250Uが4コア8スレッドと倍になっているからだろう。マルチタスクでも存分に活躍してくれそうだ。

CINEBENCH R15の結果

 STYLE-14FH054-i5-UHESのGPUは、CPU内蔵のインテル UHD グラフィックス 620。3D性能はあまり期待できないが、どれくらいの性能があるか3DMarkでチェック。Fire Strikeが880、Sky Diverが3981という結果だった。

Fire Strikeの結果
Sky Diverの結果

 ゲーム系のベンチマークは、負荷が低めの「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.51」と、それよりも高負荷な「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を計測。

 ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.51は、1920×1080ドット、標準品質、フルスクリーンで計測したところ3911(普通)という結果に。品質を最高品質にしても3166(普通)だったので、ある程度は快適に遊べそうだ。

1920×1080ドット、標準品質、フルスクリーンで計測最高品質に変更して計測

 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークは、1920×1080ドット、標準品質(ノートPC)、フルスクリーンでは1533(設定変更を推奨)となってしまった。そこで、解像度を1280×768ドットに落としたところ、2678(やや快適)となった。フルHDでは厳しそうだが、設定次第で遊べなくもないだろう。

1920×1080ドット、標準品質(ノートPC)、フルスクリーンで計測
解像度を1280×768ドットに変更して計測

外付けGPU BOXと接続してゲームも快適なモデルも

 STYLE-14FH054-i5-UHESでは、軽いMMORPGやブラウザーゲームが遊べる程度だが、ゲーミングブランド「iiyama LEVEL∞」でも同じ筐体のモデルが登場予定だ。以前従来モデルで試したことがあるのだが、ケーブルで接続するだけでGPU BOXが起動してゲームが快適にできるようになるので、自宅ではゲーミングノートパソコンとしても使いたいという人は、LEVEL∞のモデルが登場するのを待つのもありだろう。新たに登場予定のGPU BOXは、オプションとして単体でも販売予定だ。

 なお、GPU BOXはThunderbolt 3端子搭載モデルのみ対応。現在、Thunderbolt 3端子搭載モデルはCore i7搭載機種のみとなっており、今回試用したSTYLE-14FH054-i5-UHESは非対応なので注意してほしい。

購入から1年は無償保証
3年/4年間の延長保証も用意

万が一のときにうれしい1年間の無償保証つき

 パソコンで心配なのが、ある程度使用していると正しい使い方をしていても故障する可能性があるということ(自然故障)。パソコン工房では、すべてのBTOパソコン・対象の即納パソコンが購入から1年間無償保証となる。なお、修理上限、回数上限はともになく、追加料金も一切ないとのことなので、安心して持ち運べる。また、より長く使いたいのであれば、3年保証(価格は本体価格の10%、6万円未満の製品場合は一律6000円)、4年保証(価格は本体価格の15%、6万円未満の製品の場合は一律9000円)も用意しているので、そちらを選択するといいだろう。

より大きな画面でしっかりつかえる14型ノートパソコン

 STYLE-14FH054-i5-UHESは、メインマシンとしてしっかり使える性能を持ち、7万9980円から買える高コスパなモバイルノートパソコンだ。13.3型の筐体に14型ディスプレーを搭載しており、モバイルでもなるべくディスプレーは大きい方がいいという人にピッタリのマシンだろう。これからモバイルノートパソコンの購入を考えているのであれば、STYLE-14FH054-i5-UHESを検討してみてはいかがだろうか。

(提供:ユニットコム)

■関連サイト

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ