このページの本文へ

新フリマアプリ、1分で出品できる

2018年06月18日 19時15分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Isematsu Co., Ltdは6月18日、出品不要とうたうフリマアプリ「カウマチ」のリリースした。対応端末はiOS、Android。PCでウェブから登録もできる。手数料は販売者が無料で、取引成立時に買取側が商品代金の10%を負担する。売上金の申請は、手数料一律108円。

 買いたい人が1つの商品ページに集まって、先に待っているため出品の手間を省けるという。買取の登録は、商品ページがすでにあるため、商品の状態を登録するだけ。商品写真も必要ないので、わずか1分で登録できるとする。設定する金額は即決価格ではないので、安心して登録できるとのこと。ユーザー同士のチャットで値段を決定するので、素早く取引ができるとしている。

 代表の鈴木直氏は「買いたい人も売りたい人も“型番”を知って取引できるようになれば、安い値段で買うことも高い値段で売ることも常時可能です。これはカウマチに限った話ではありません。どの取引においてもその商品の“型番”を知ることで、取引を有益なものにできるのです。カウマチはフリマやオークションの面倒さを全て省いて、よりユーザー同士が満足できる仕組みになっております」と語っている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン