このページの本文へ

CES ASIA 2018レポート

キーワードは、格安、ヘルスケア、長時間バッテリー

中国メーカーのスマートウォッチは攻め姿勢で個性的!

2018年06月16日 09時00分更新

文● 中山 智 編集●飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ディスプレー2枚重ねの「TicWatch Pro」

OLED採用のWear OS by Googleモデル

 Wear OS by Googleを採用したタッチディスプレータイプでは、MobvoiがTicWatchシリーズをブースで紹介。注目は最新モデルの「TicWatch Pro」で、メインディスプレーにOLEDを採用し、その上を覆うように透過型のモノクロ液晶サブディスプレーを搭載している。

モノクロの液晶ディスプレーで表示する省エネモード。写真ほど実際の視認性はわるくない

 Wear OSとしての機能を使う場合はOLEDディスプレーが表示されるが、スタンバイ状態の時はWear OSとOLEDをシャットダウン。モノクロの液晶ディスプレーだけで、時刻など最低限の情報を表示するだけになる。そのためスタンバイ状態なら30日の連続使用が可能と説明している。

本体側面に操作用のボタンを2つ装備

本体背面には心拍数測定用のセンサーがある

受電アダプターはしっかりとホールドされるので外れにくい

 そのほかNFCを搭載しており、海外ではGoogle Payの非接触決済にも対応する。夏頃発売予定で、価格は300ドル(約3万3000円)とのこと。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ