このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマートウォッチとは呼べないが技術にワクワクする「MATRIX」

2018年05月22日 12時55分更新

文● 四本淑三

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

熱電変換式の自動巻時計のようなもの?

 が、おかげで画面は暗い。コントラストは低く、光が当たらないところでは、かなり見づらい。ただ、ムラのある薄暗いバックライトは付いているから、真っ暗闇でも大丈夫。

 使える電力に限界があるので、Apple Watchのようなミニスマートフォン的機能を期待してはいけない。あくまで熱源式の自動巻時計のようなものと考え、そのほかは今のところオマケと考えたほうが良さそうだ。

 提供されている機能は、歩数計、消費カロリー計、睡眠量計。ストップウォッチと歩数計を掛け合わせたランニングモードもある。機能的にはスマートウォッチというより活動量計と言った方が正確だが、Fitbitあたりの最近の製品と比べると、いくつかの点で見劣りがする。

 まず、入眠の捕捉は自動ではなく、手動で「スリープモード」に切り替えなければならない。スマートフォンへのデータ同期も手動。同期のためのスマートフォンアプリ「PowerWatch App」と連携できる他社のアプリやサービスはまだない。

 既存の活動量計に比べて有利なのは、発電量で体温の推移を計測できるため、カロリー消費量より緻密に推計できる可能性だろう。

 だが、活動量計としては大き過ぎる。直径46mm、厚さ12.5mm、重さはストラップ込みの実測で84.5g。普通の時計と比べても厚みがあるせいで、寝返りを打つたびに異物感があった。

体温で発電する満足感

 そして使っているうちに、製品のメリットがどこにあるのか、だんだんわからなくなっていく。

 体温で発電するという技術は確かにすごい。時計としてのルックスもいい。しかし、充電がなくてもワンシーズン乗り切れると言うなら、わざわざ発電機能など付けずに、シーズンごとに充電すればいいのではないか。省エネのために絞られた機能は、半額以下で買える活動量計にも劣る。一体何のための製品なのか。

 それは「この時計は自分の体温で発電している」という満足感を得るためである。それしかないと言ってもいい。決して揶揄して言っているのではない。

 たとえば時計の好きな人は、機械式時計がいいと言う人が多い。それも自動巻きの。時刻を知るだけなら、百均で売っている液晶時計で十分間に合う。時刻も正確だ。でも、精密な機械が自律的に動いて、時を刻み続ける仕組みのカッコよさには敵わないらしい。

 MATRIX PowerWatchの良さも、それに近いのではないか。活動量計として使いたければ、ボタン電池で1年以上持つ製品はあるし、多機能なスマートウォッチなら同じ値段でApple Watchが買えてしまう。

 自分の体温をエネルギーに変換して動くという仕組みのために、注ぎ込まれたテクノロジーの数々を想像するとワクワクしてしまう。もしスマートウォッチが旧来の時計と同様、文化として受け入れられるスキがあるのだとすれば、意外とこういうところにあるような気さえしている。

 ただし、これをスマートウォッチと呼ぶのは抵抗がある。あまりに出来ることが少なすぎるし、活動量計と呼ぶにも、ゴツいものを巻いて寝るのはつらい。「熱電変換時計」とか「サーモエレクトリックパワードウォッチ」とか、ふさわしい呼び名を考えて売った方が、いらぬ誤解を受けずに済むように思えた。

■関連サイト

■Amazon.co.jpで購入

四本 淑三(よつもと としみ)

北海道の建設会社で働く兼業テキストファイル製造業者。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ