このページの本文へ

男の更年期は貝原益軒『養生訓』の叡智で乗り越えられる

文● 松原麻依 [清談社](ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ビジネスマンや経営者に愛される戦略のバイブルといえば、孫子の『兵法』。では、健康法のバイブルと言えば――?それは、江戸時代の儒学者、貝原益軒が書いた『養生訓』ではないだろうか。東洋医学をベースに書かれた同書は、現代人にとっても役立つハウツー本だという。そこで、中年の男性が『養生訓』を参考にすべき理由を中医学者に聞いた。(清談社 松原麻依)

40代以降の“男性更年期”対策に
貝原益軒の『養生訓』が役立つ!

男性にも訪れる更年期をどのように過ごすべきだろうか?
戦略本の古典は孫子の『兵法』なら、健康本の古典は貝原益軒の『養生訓』。更年期に悩む男性が知っておくべき知識が、平易な文章で説かれている

 書店にいけば、山積みになって売られている健康本の数々。毎年のように、様々な健康法がはやっては廃れていくが、それだけ多くの人が健康面に不安を持っているということだろう。特に40代以降になると、20~30代の時と比べてエネルギーが湧いてこないという人は多いはずだ。

「40代は中医学の見地からみても、“体の曲がり角”といえます」と、話すのは中医学者で『男の養生訓――男性更年期をのりきる知恵』の著者である松江一彦氏だ。

「40歳をすぎると、寝ても疲れが取れない、そもそも寝付きが悪い、性的機能も衰えるなど、体の変化を感じる人も増えてきます。精神面でも、神経質になって当たり散らしてしまう、あるいは男としてのピークがすぎてしまったと思いふさぎ込んでしまう、なんてこともあるでしょう。これは“男性更年期”の症状ですが、実は紀元前から中国の医学書では既に予防法が説かれていたのです」

 そうした中医学の見地から、日本人に向けた不調を予防するための生活全般における指南書が、貝原益軒による『養生訓』である。

「江戸時代初期の儒学者であり、本草学者(当時の薬学者)であった貝原益軒が、中医学から得た膨大な知識をベースに書いたのが『養生訓』。学のない人にもわかりやすいよう、平易な文章で書かれています」 

現代の日本人男性にも参考になる
中国皇帝のための健康法

 養生訓のベースとなった中医学の、さらに基礎となった書物のひとつが、紀元前200年以上前に書かれた『黄帝内経』と呼ばれる医学書だという。

「“黄帝”とは、紀元前2400年以上前に中国を統治したとされる伝説上の人物。黄帝が実在していたかどうかは定かではありませんが、同書では黄帝と名医の問答形式で古代中国の医術などが記されています。つまり、国を統治する男性のヘルスケアを前提に書かれた書なのです。年を取っても壮健でいたいという権力者のための書ですから、男性の健康法については非常に細かく書かれています。大昔に書かれた書物なので、初期の段階では『健康のために水銀を飲んだ方がいい』などといった、トンデモ療法もありました。秦の始皇帝も健康のために処女の経血や、水銀を飲んでいたといわれていますよね。結局短命だったわけですけど」

 そうした信ぴょう性がない健康法は、時代を経て削除されていき、エビデンスがある方法だけが残されていったのだという。

「日本人向けに書かれた『養生訓』は、黄帝内経の理論も参考にしているので、養生に気を使う男性が読むにはうってつけの書ともいえます」

『養生訓』は食事、睡眠、運動、性生活、メンタル面まで、広範囲でアドバイスがされている。そのアドバイスの根底となる理論の1つが、中医学における『精』という概念だ。

「黄帝内経の解釈では、『精』は生命活動の源です。100%合致するわけではありませんが、西洋医学だと“ホルモン”にあたるもの。10代、20代の若い男性が、渋谷のような騒がしい場所に行って女の子をナンパしようなんて考えるのは、それこそ“精”が満ち満ちているからでしょうね」

 精は知力、精力、活力などあらゆる生命活動と関わりがあり、男性の場合だと精が多いほど闘争心も強くなるそうだ。「英雄色を好む」といった慣用句も、活力と精力の源が同じ「精」だと考えると腑に落ちる。

 精の量は人それぞれ異なるが、年とともに減少していくという点においては、誰しもが通る道だという。

「精が減ると、先ほどお話したように、男性でも更年期の症状が表れ始めます。ただし、精の減り方にも個人差があって、40歳を過ぎてもまだまだ現役の人もいれば、早いうちから活力を失う人もいます。ですが、普段の生活で養生していれば、精の減少をある程度抑えられます。『養生訓』はその養生のためのハウツーでもあるのです」

セックス三昧だと活力を失う!
偏食や豪華朝食は控えるべし

 では、実際に中年男性が精を保つためには、どのような生活を心がけたらいいのだろうか。養生訓の内容を踏まえて、中年男性に向けた養生法の一部を松江氏に解説してもらった。

「まず大前提として、できるだけ早寝早起きを心がけること。春夏秋冬、日の出の時間帯は違いますから、冬は日が長い時期に比べて遅くまで寝ていられます。体を動かすことも精を増やすことにつながりますから、適度な運動もいいですね」

 また、食事についていえば、現代人の常識と養生訓の説く食事法とでは、多少のズレがあるという。

「最近だと、“糖質制限”などで肉中心の食生活を送る人もいるようですが、中医学では偏食はとにかくNGとされています。肉は精を増やす食材ではありますが、油を取り過ぎると不養生につながり、かえって精を減らすことになる。40代以降は肉を食べるにしても、いい肉を“ほどほどに”がいいでしょう」

 さらに、今の日本だと「朝食はしっかりと」と言われているが、中医学の観点からいうと、それもややズレているそうだ。

「本来、朝は排泄のための時間。ところが、“ガッツリ”食べてしまうと消化器官が活発になりすぎて、排泄するための器官の活動が不十分になってしまいます。朝は、バターたっぷりのスクランブルエッグやソーセージといった、脂質が多く消化に悪いメニューは避けた方がいい。米のエッセンスがたっぷり入ったおかゆや野菜ジュースなど、流動食に近いものがベターです」

 さらに性生活については、養生訓では「四十以上の人は、交接のみしばしばにして、精気を漏らすべからず」といった旨が記されている。

「本来、若い女性と触れ合えば、精を分けてもらって若返るもの。古代エジプトの王様がハーレムをつくっていたのは理にかなっているんです。ですが、精は“精液”の精でもあり、出すと減ってしまうので、節操がなさ過ぎるのも問題なんです。『接して漏らさず』とはよく言ったもので、銀座のクラブでも、美女にお酒をついでもらってスマートに遊ぶ人の方が、仕事ができる印象がありますよね。色欲に溺れると精が減って、かえって活力がなくなってしまいますよ」

 中年をすぎてなお盛んな方が、活力につながりそうなものだが、やはり度が過ぎると良くないということか。

 
『養生訓』にはほかにも、「座り過ぎは良くない」「食事は腹八分目に」「コミュニケーションを大切に」といった、現代でも健康維持の基本とされていることが、とくとくと説かれている。流行りの健康法に飛びつくのもいいが、江戸時代から読み継がれてきた健康本の名著で、改めて養生の基礎を学び直してみてはいかがだろうか。


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ