このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」第482回

次世代iPhone SEでも使いたい 激薄4mmのカード型モバイルバッテリーを衝動買い

2018年05月23日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授、編集●編集部ハシモト

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
今頃になって「iPhone SE」を衝動買いしてしまった。いつものクセでiPhone SEに似合うコンパクトなUSBモバイルバッテリーを探していたら運よく素晴らしいモバイルバッテリーに出会えた
今頃になって「iPhone SE」を衝動買いしてしまった。いつものクセでiPhone SEに似合うコンパクトなUSBモバイルバッテリーを探していたら運よく素晴らしいモバイルバッテリーに出会えた

「iPhone SE」を衝動買いしてしまう

 ジャンルに関わらず“衝動買い”は後から高くつくものだ……というのが一般的理解だろう。

 しかし、脊髄反射的に秋葉原のバックストリートやネットショップで衝動買いしても、そこそこ楽しいモノの1つにUSBモバイルバッテリーがある。時には、満足感とともに人に自慢できそうなコレクティブアイテムに出会える時もある。

 以前、そのポジションには世界中の多種多様な商品の存在するUSBメモリーが鎮座していたが、低価格化競争とパソコン市場全体のシュリンク、企業などのセキュリティー対策の見直しなどで、いつの間にかUSBメモリー市場はそれほど変化のない面白くない製品ワールドになってしまった。

 一方、スマホ市場の拡大につれて、昨今は選択に困るほどさまざまな種類のあふれるUSBモバイルバッテリー市場だが、新幹線や飛行機など、長距離な交通機関の100V ACコンセントの装備や、USBポートの整備が進み、USBモバイルバッテリーの世界にも多少の変化が起こっているように感じる。

 小容量のバッテリー内蔵式ACアダプターの登場などがその1つの表われだ。

 また一方では、災害時の家族全員のスマホ電源の確保のために20000mAhをはるかに超える超大容量のモバイルバッテリーの需要も増大してきている。

 そしてUSB PD(Power Delivery)に対応したUSB Type-Cポートを搭載したモバイル機器の増加により、USBモバイルバッテリーも大容量タイプのモデルはUSB Type-C出力ポートを備えた製品にシフトしつつある。

 ある面、ますます混沌とするUSBモバイルバッテリーの世界だが、時代に逆行することの大好きな筆者は、大きなスマホにも飽きてきて、今頃になってなんと「iPhone SE」を衝動買いしてしまった。

小容量でもコンパクトでかっこいい
モバイルバッテリーが欲しい

 携帯性に優れたコンパクトなスマホに替えると、真っ先に欲しくなるのは付属の純正以外の充電ケーブルやUSBモバイルバッテリーだ。しかし、モバイルバッテリーは先の理由でなかなか筆者の目指すコンパクトでデザインコンシャスなものが見当たらない。

 筆者がUSBモバイルバッテリーに求めるスペックは、容量よりとにかく邪魔にならないコンパクトなサイズと機能的デザインだ。

 もちろん今回は対象スマホはiPhone SEであり、USB PDもType-Cも無縁の世界だ。そして身軽に街中を移動するだけなので、できる限り充電ケーブルも余分に持ちたくない。やはりケーブルマネジメントの優れたモバイルバッテリーが欲しい。

 そんな贅沢な希望を100%満足させてくれたUSBモバイルバッテリーが今回、衝動買いした「Card Assist Mobile Battery」(以降:カード型バッテリー)だ。

 容量10000mAh前後のUSBモバイルバッテリーが2000円前後で買える時代に、極めて小容量、極めて高値だが、携帯する時のサイズやケーブル内蔵の使い勝手を考えると十分我慢できる、いや確実に満足できるスペックだった。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン