このページの本文へ

待ってた! MrSpekers初の静電ヘッドフォン「VOCE」

2018年04月25日 07時00分更新

文● 小林 久 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 米国ブランドMrSpeakersの静電型ヘッドフォン「VOCE MRS-VC-20」の国内販売がいよいよ4月27日に始まる。ETHER ESなどと呼ばれてきた製品。価格はオープンプライス。販売代理店はエミライ。

 同ブランド初の静電型ヘッドフォンで“最も正確なヘッドフォン”だとする。発表資料では「比類なき分解能と明瞭さを超低域領域まで伸びる豊かな低域再生能力とともに兼ね備え」「極めて広大なサウンドステージとニュートラルなサウンド・シグネチャーを持つ」という。一方で重量は330gと軽く、装着性にも配慮している。イヤーパッド部は高級イタリアン・ナッパ・レザーを使用している。

 低域再生のために直径88㎜と大型で、かつ高安定性・高性能を両立するため2.4㎛と薄いダイヤフラム(振動膜)を採用した。ドライバーの劣化を防ぐ防塵設計や、超極薄の金属製ステーターを搭載するなど細部にもこだわった作りになっている。ヘッドバンド部(バンドワイヤー部)は、快適性・軽量性・安定性を両立した形状記憶合金(ニッケルチタニウム合金)。

 着脱式ケーブルは高純度銅を銀メッキしたしたもので、柔軟性・低キャパシタンス性を両立したという。静電型ヘッドフォンでよくあるフラットケーブルではなくラウンドタイプとなる。取り回しのしやすさはもちろんだが、マイクロフォニックノイズも抑制している。端子部には、機械加工を施したアルミニウム製パーツを使用。プラグはテフロン製で、コンタクトピンは金メッキした高純度銅を使用する。

 STAXの580V 「Pro-bias」仕様互換設計で、駆動にはエナジャイザーと言われる機器や静電型ヘッドフォン用のアンプが必要。エナジャイザーはWoo Audio、iFi-Audio、STAX、アンプはHeadamp、Malvalve、STAXなどが出している。

 専用収納ケースは新規開発のハードウッド仕様となり、ケーブルを含めた本体の収納に加えてヘッドホンスタンドとしても使用できる。素材はウォールナットで、ヒンジ付きの透明アクリル・フロントパネルと磁石製ファスナーが付いている。

 実売価格は47万円強と決して安価な製品ではないのだが、試作機の時点で圧倒的な質のサウンドを実感できていた。どういった仕上がりになったのかが楽しみな機種だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中