このページの本文へ

H370/B360マザーのおすすめはこれだ!第2回

新シリーズを加えゲーマー向けのラインナップを強化するASUSマザー

2018年04月17日 15時00分更新

文● 鈴木雅暢 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

タイポグラフィが斬新!
さらにクールになったROG SRIX

 ゲーミングシリーズとしておなじみのROG STRIXも健在。一体型のリアパネルを採用するとともにボードのデザインをブラッシュアップしている。

 ブラックベースのダークカラーに統一するとともに、基板やヒートシンクには同社が「サイバーテキストパターン」と呼ぶタイポグラフィ(文字をデザイン要素として用いること)を取り入れ、これまで以上にクールなビジュアルに仕上げている。

 Intel 300シリーズからは、新たにメモリの信号品質を安定させる「OptiMem」技術を採用し、メモリの安定性、互換性を向上させている。また、高耐久のPCI Expressスロット(Safe Slot)やM.2ヒートシンクなど、先代では上位チップセット(Z270)搭載モデルのみに導入していた要素も積極的に取り入れるなど、内容がグレードアップしている。

ROG STRIXシリーズのターゲットは、コアゲーマー、eスポーツゲーマー。デザインのアップデートともに、一体型リアパネルが導入された
新世代H370とH270モデルとの比較。先代ではZ270チップセットモデルのみが搭載していたM.2ヒートシンクなども搭載している

PRIMEシリーズはシンプル回帰

 スタンダードのPRIMEシリーズは、エントリーゲーマー向けのTUF GAMINGの新設にともない、スタンダードモデルとしての位置づけがより明確になっている。ゲーマーを意識したビジュアル要素や過剰な高耐久仕様は省かれ、実用向けのシンプルな仕様にフォーカスしている。

PRIMEシリーズとしては、H370、B360、H310、それぞれ2製品ずつ6製品を投入した
PRIMEシリーズを含め、Intel 300シリーズ前提に新たに「OptiMem」技術を導入。メモリ信号を安定させ、メモリの安定性、互換性、Performanceを向上させている
PRIMEシリーズでは、PCI Express x16スロットを特別なフックを使って強力に固定する「SafeSlot Core」を採用する。重いVGAの搭載が想定されるゲーミングモデルの「SafeSlot」ほどではないが、耐久性にもしっかり配慮している

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中