このページの本文へ

PUBG JAPAN大会の決勝が「LFS 池袋 esports Arena」で開催

2018年03月23日 18時55分更新

文● 上代瑠偉/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは3月23日、都内最大級e-Sports 施設「LFS 池袋 esports Arena」のプレイベントとして、DMM GAMES公式大会「PUBG JAPAN SERIES」αリーグ オフライン決勝を開催すると発表した。3月31日に開催する。

 PUBG JAPANは日本国内で「PUBGのプロリーグ設立」を目指して開催するリーグ形式の大会。国内のプレイヤーに世界大会の切符をつかめる場を提供し、プロリーグに向けての準備段階としてαリーグを2月10日から開催している。これまで入れ替え戦を挟んで20チームが5日間で計15試合を戦った。3月31日で、総合チャンピオンが決定する。試合の模様は公式配信チャンネルで観られる。詳しくは大会公式サイトを見てほしい。

 LFS 池袋 esports Arenaは新会社E5 esports Worksが運営しており、4月15日にオープン予定。選手用PCと配信用PCの計100台は、これまでさまざまなe-Sports大会やゲーム大会で動作安定性が評価されており、大会使用PCとして採用されてきた最新の高性能ゲーミングPC「GALLERIA」を採用している。

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ