このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

KTUの自作キーボー道第4回

カスタムキーマップで自作キーボードを自分の分身とする

2018年03月15日 12時00分更新

文● 加藤勝明 編集●北村/ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 前回は自作キーボードキット「Iris」を組み立て、機能させるためのデフォルトキーマップを書き込んだところで終わった。だがこれでは自作キーボードとしては画竜点睛を欠いた状態。自作キーボードの完成は、自分に合ったカスタムキーマップ(キー配列)を盛り込んだファームウェアを書き込むまで終わらないのだ。

 キーボードのキーマップのカスタマイズと言われても、あまりピンと来ないかもしれない。市販のキーボードだとせいぜいAの左にCapsではなくCtrlを置くとか、Winキーを無効化するくらいのものだろう。

 だが自作キーボードでは、いかに快適かつ合理的に操作できるかを考えながらキーマップを考える必要がある。どこにCtrlやAltキーを置くかだけではなく、自分がキーボードを頻用するアプリでどう使いたいか……を考えるのだ。

前回組み上がったIris。デフォルトのキーマップを書き込んだだけなので、筆者にとっては全然使いにくい。筆者の操作癖に合わせ、キーマップを徹底的にカスタマイズしていくのだ

 キーマップの作り込みとは、つまるところ“自分がどうPCを操作したいか”を見つめ直す作業になる。例えばAキーの左にCrtlを置くのは、Ctrlキーを使ったショートカットを押しやすくするためだが、そこから1歩踏み込むと、多用するショートカットキーを打鍵しやすい場所に登録すれば、ショートカットはもっと簡単に発動できる。

 日本語入力時に小指でShiftキーを押しながら左右キーを押して範囲を調整する作業も、もっと押しやすい位置のキーに割り当てた方が楽に行える。

 そこで今回は、Irisのキーマップをカスタマイズし、それを新たなファームウェアとして自作キーボードに書き込む初歩的な手順やQMKの機能の一部を解説する。

ビルド環境を作る

 自作キーボードのファームウェアは、オープンソースの「QMK Firmware」が広く使われている。QMKの他にも「TMK(QMKとは親戚関係にある)」、「kiibohd」などがあるが、対応キーボードや機能ではQMKがダントツな存在である。

 QMKは完全フリーで提供されているが、Github(https://Github.com/qmk/qmk_firmware)でソースを手に入れ、自分のキーボードで動作するファームウェアを生成(ビルド)する作業が必要になる。まずはQMKファームウェアのビルド環境作りが必要だ。

 今回はQMKのソース一式をローカルに展開して、その上で自分用にカスタマイズしていく一番イージーな方法を解説する。まずはQMKのソース一式をGithubからダウンロードしよう。

まずはGithubにあるQMK本家からソース一式をダウンロードする。https://github.com/qmk/qmk_firmwareにアクセスし「Clone or download」ボタン→「Download ZIP」とクリックすればよい

ダウンロードしたZIPファイルの中ある「qmk_firmware-master」を開き、その中にあるファイルをアクセスしやすい場所に展開する。Windows環境の場合CドライブやDドライブの直下にフォルダーを作り、そこに展開すると後々が楽だ。今回は「C:\git」(Cドライブ直下のgifフォルダー)に展開したとして話をすすめる

 ソースの次はビルド環境だ。これもすべてフリーで手に入るものばかりだが、Unix環境で動作するツールになる。Linuxマシンがあるならともかく、Windows上でビルド環境を整えるならUnixとビルド用ツールを集めるための環境作りから始めよう。

 Windowsなら、VirtualBoxでUbuntuなどが動く仮想マシンを準備し、その上でビルド環境を構築する、あるいはDockerを導入、Windows 10のWindows Subsystem For Linuxを使う(ただしこれはお勧めしない)するなどの方法があるが、手軽さと手堅さの面で「MSYS2」の導入がオススメだ。

 MSYS2を導入したら、MSYS2のターミナル上でQMKのソースを展開したフォルダー(今回はC:\git)内部にあるMSYS環境構築用のスクリプト(util/msys2_install.sh)を起動する。何回か質問されるが「全て」や「はい」と答えていけば上手くいく。初回なので少し時間がかかるが、気長に攻略しよう。

WindowsにUnixシェル環境を追加する「MSYS2(http://www.msys2.org)」を導入する。64bit環境なら「msys2-x86_64-20161025.exe」が原稿執筆時点における最新版だ

MSYS2のターミナルが開いたら、予め準備しておいたQMKのソースの場所へ移動(cd c:\git)し、ビルド用ツール収集用スクリプトを起動(sh util/msys2_install.sh)する。2行目のコマンドはTabキーで入力が適宜補完されることを利用するといい

前手順で2つめのコマンドを入力すると、自動的にツール集めが始まるが、いくつか質問されることがある。いくつかパターンがあるが、「デフォルト=All」ならEnterキー、「A/C/F/N」ならAllを示すAキー+Enter、「Y/n」ならYesを示すYキー+Enterを選び続けよう

この表示が出たら導入は終了。ウインドウを閉じよう

、スタートメニュー内の「MSYS2 64bit」→「MSYS2 MinGW 64bit」を起動する。この後の作業はこのMSYS2 MinGWを利用する

前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中