このページの本文へ

Windowsから独立したネットワーク環境を提供

セキュリティーソフト「FKEY」インストール済みPCがサードウェーブから

2018年03月08日 20時30分更新

文● 天野透/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サードウェーブは3月8日、セキュリティーソフト「FKEY SConnect(エフキー・エスコネクト)」インストール済みパソコンの販売を開始した。同時に、1年間のソフトウェアの利用期間およびサポートサービスをさらに1年間延長する「FKEY-1サポートサービス」の提供を開始する。

 FKEY SConnectは応用電子が発売する、Windowsから独立したネットワーク環境を提供するソフトウェア。Windows環境にトラブルが発生した場合でも独立環境には影響がないほか、情報漏えいの防止や、主要VPN製品・仮想デスクトップ製品対応といった特長を有する。

 同時発表された「FKEY-1サポートサービス」は、新規ライセンスのキーと組み合わせて1年間の延長期間を提供するサービス。製品のアップデートおよびサポートサービスも含まれるという。

 FKEY SConnect インストール済みパソコンは「Altair VH-AD3L FKEY-1」「Critea DX-KS H3 FKEY-1」「Altair F-13 FKEY-1」の3モデル。

 Altair VH-AD3L FKEY-1の主な仕様はCPUがCeleron N3450。メモリーがDDR3L 4GB。ディスプレーが14インチグレア液晶(1366×768ドット)。グラフィックスがオンボードのHD グラフィックス 500。ストレージがeMMC 64GB。無線ポートがIEEE 802.11 ac/a/b/g/n(Intel Dual Band Wireless-AC 3168)、Bluetooth 4.2。外部ポートがSDカードスロット、USB 3.0×2、USB 2.0、HDMI、マイク入力・ヘッドフォン出力共用端子×1。リチウムイオンバッテリーの容量がおよそ7.9時間。OSがWindows 10 Pro。

 サイズは幅340.6×奥行き237×高さ25.5mm、重量はおよそ1.6kg。

Altair VH-AD3L FKEY-1

 Critea DX-KS H3 FKEY-1の主な仕様は、CPUがCore i3-7100U。メモリーがDDR4 SO-DIMM 4GB。ディスプレーが15.6インチノングレア液晶(1366×768ドット)。グラフィックスがオンボードのHD グラフィックス 620。ストレージがSSD 128GB。無線ポートがIEEE 802.11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.2。有線LANが1000BASE-TX。リチウムイオンバッテリーの容量がおよそ7.4時間。OSがWindows 10 Pro。

 サイズは幅382×奥行き256×高さ23.9mm、重量はおよそ1.8kg。

Critea DX-KS H3 FKEY-1

 Altair F-13 FKEY-1の主な仕様は、CPUがCore i5-7200U。メモリーがLPDDR3 8GB。ディスプレーが13.3インチ(1920×1080ドット)。グラフィックスがオンボードのHD グラフィックス 620。ストレージがSSD 256GB。無線ポートがIEEE 802.11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.2。外部ポートがSDカードスロット、USB Type-C、USB 3.0×2、HDMI、ヘッドフォン出力端子。リチウムイオンバッテリーの容量がおよそ7.7時間。OSがWindows 10 Pro。

 サイズは幅327×奥行き220.6×高さ19.6mm、重量はおよそ1.35kg。

Altair F-13 FKEY-1

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ