このページの本文へ

平年より10日遅く

ウェザーニューズが花粉情報を更新 本格シーズン突入

2018年03月06日 12時00分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ウェザーニューズは3月5日、関東全域、山梨県、静岡県、愛知県、三重県、長崎県、宮崎県の1都12県で基準を超える花粉の飛散を観測し、当該の都県で本格花粉シーズンに突入したことを発表した。

 東京都の本格花粉シーズンの開始時期は、断続的に流れ込んだ強い寒気の影響で、昨年より16日遅く、平年(2008年〜2017年平均)より10日遅い開始になったという。

 3月は一時的に寒さが戻る日もあるが、気温は平年並か平年より高い傾向になると予想。そのため、花粉シーズンに入っている地域を中心に、続々とスギ花粉の飛散が本格化していくと予測している。なお、西・東日本の広範囲で飛散ピークを迎えるのは、スギ花粉は3月下旬にかけて、ヒノキ花粉は3月下旬〜4月中旬という予想だ。

 スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やウェブサイトの「花粉 Ch.」 を使えば、花粉観測機「ポールンロボ」がリアルタイム観測した花粉データや1時間ごとの飛散予報が見られる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン