このページの本文へ

利用者のテレビ視聴をAIが分析・学習しておすすめ番組を通知

シャープ、AI活用スマホアプリ「COCORO VISION」のiOS版を提供

2018年02月21日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「COCORO VISION」iOS版

 シャープは2月21日、AIが利用者のテレビ視聴傾向を学習しておすすめ番組を知らせるスマホ向けアプリ「COCORO VISION」のiOS版を提供開始した。

 COCORO VISIONは同社の液晶テレビ「AQUOS 4K」と組み合わせて利用することでテレビの楽しみ方を広げるアプリ。Android版はすでに公開されている。クラウド上のAIが利用者のテレビ視聴頻度・視聴時間帯などを分析・学習し、好みのジャンルや視聴回数の多いタレントが出演する番組などの情報を 1日1回iPhoneに通知する。

クラウド連携のイメージ

 配信情報の中から気になる番組を「MYカード」として登録しておけば、放送時間が近づくと番組名や開始時刻をロック画面上に通知するので気に入った番組を見逃さず視聴できる。また、アプリからはiPhoneをテレビのリモコンとして利用できる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン