このページの本文へ

ドローンの操縦に

ドローンや業務用カメラの操縦が快適なHMD

2018年02月08日 15時20分更新

文● まぶかはっと/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ブラザー販売は2月8日、ヘッドマウントディスプレー「AiRScouter(エアスカウター)」の新製品として、本体性能が向上した業務モデル「WD-300A」を発表した。3月上旬の発売で、市場想定価格は13万5000円。

 工場での組立作業支援や遠隔作業支援に向けたデバイスで、画面を見ながら両手での作業が可能となっている。

 今回発売するWD-300Aは、ドローンや業務用カメラ、測定機器などの操縦を快適にするため、従来製品と比べ画角は約1.44倍になり、解像度は720p(1280×720ピクセル)となった。また防塵防滴性能IP54に準拠したことや、焦点距離調節機能などが向上しているという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
注目記事ランキング
ピックアップ