このページの本文へ

過去最大規模130万人の ゲノムワイド関連解析で 不眠症の原因を発見

Antonio Regalado

2018年02月07日 05時54分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
130万人を超える人々のDNAを分析して不眠症の原因となる遺伝子を探す研究が実施された。分析にはUKバイオバンクと消費者向けDNA検査会社のデータを用いており、課題は残るものの今後、こうした大規模な遺伝子研究が増加しそうだ。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ