このページの本文へ

10万円以内のマウス15.6型ノートPCが新生活にオススメ

2018年02月02日 22時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターは公式ウェブサイトにて、最新の「第8世代インテルCoreプロセッサー搭載パソコン特集」を開催中。

 期間中はmouseをはじめとした各ブランドで、それぞれのオススメ製品が集められている。

 たとえば持ち運びに便利な13.3型ノートPCm-Book J350SN-S2」だと、CPUはCore i5 8250Uメモリーは8GB、ストレージは240GBのSSDフルHDディスプレーというスペックで、価格は10万2384円から。学生生活も新しい業務も、この構成なら快適だ。

 省スペースな15.6型の大画面ノートを自宅でデスクトップ代わりに使うという方法も注目されている。「m-Book F556BD-S2」は、CPUがCore i5 8250Uメモリーは8GB、ストレージが240GBのSSDフルHDディスプレー、価格は9万6984円から。

 これではスペックが足りない? ならばG-TuneDAIVブランドのマシンを検討してみよう。ベースモデルを10万円以上にカスタマイズよりも、はじめから10万円以上の専門機を選択すると、スペックや使い心地がいいという場合も結構ある。

 コストパフォーマンスや使用感だけでなく、使い方や利用シーンに応じてCPUやメモリー、ストレージ容量などをカスタマイズできるのも同社PCの特徴。ぜひ、特集ページからお気に入りのPCを見つけてみてはいかがだろう?

 そのほかの売れ筋モデルはこちら。

LUV MACHINES iH800XN2 10万7784円

LUV MACHINES iH800XN2

・Windows 10 Home 64bit
・Core i7-8700(6コア/12スレッド 3.20GHz-4.60GHz)
・UHDグラフィックス 630
・8GB(DDR4 PC4-19200)
・1TB HDD
・Intel Z370 チップセット
・450W電源(80PLUS)

ミニタワーデスクトップPCの大定番! 購入はコチラ!

カテゴリートップへ