このページの本文へ

遺伝子療法の承認で広がる、がん治療の地域間格差

Emily Mullin

2018年01月29日 07時57分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
遺伝子療法のキムリアとイエスカルタが米国で昨年承認され、奇跡的な効果が報告されている。しかし、これらの療法による治療を提供しているのはまだ一部の都市に限られており、治療を受けられるかどうか患者がどこに住んでいるかに左右されるのが現状だ。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ