このページの本文へ

ビックカメラ楽天市場店を継承しつつ、オンラインと実店舗の強みを融合

楽天とビックカメラ、「楽天ビック」提供に向けて新会社を設立

2017年12月19日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「ビックカメラ楽天市場店」

 楽天とビックカメラは12月19日、新会社を設立する基本合意書を締結した。2018年4月よりサービスを開始する予定。

 現在、ビックカメラは「ビックカメラ楽天市場店」として「楽天市場」に出店しているが、さらに利便性の高いショッピング体験を提供するという。ビックカメラ楽天市場店の基盤を引き継ぎながら、新たに「楽天ビック」として出展、幅広い品揃えに加えて両社連携して独自商品の開発なども予定。

 配送に関しても、ビックカメラの物流拠点を活用した当日配送を含むサービスの充実など物流面における両社のさらなる協業深化も視野に入れる。オンラインとオフラインの連動も強化して楽天ビックのサイト上でビックカメラの実店舗における商品在庫を確認したり、楽天ビックで購入した商品をビックカメラの実店舗で受け取るなどのサービスを予定。ビックカメラ実店舗で「楽天スーパーポイント」が貯まる/使えるなども展開するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン