このページの本文へ

トレーダーの売買タイミングや得意・不得意なチャートを分析

マネックス証券、AIでFXトレーディング技術向上を支援「トレードカルテ FX」

2017年12月12日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「トレードカルテ FX」

 マネックス証券は12月11日、AIでFX(外国為替証拠金取引)のトレーディング技術の向上を支援する新サービス「トレードカルテ FX」を発表した。2018年1月に開始する予定。

 マネックス証券とHEROZが共同開発したAIを用いたサービスで、マネックス証券のFXサービス「FX PLUS」を対象とする。ユーザーのFXトレーディング実績を基にHEROZの「HEROZ Kishin」AIが取引の傾向(売買タイミングや得意・不得意なチャートパターンなど)や取引スタイルを分析して地図のように表示。

 視覚的に自身の取引スタイルを理解でき、「目標とする取引リズムや取引スタイルを固めたい」、「通貨ごとの適正相場を確認したい」などの課題を解決することが可能になるという。

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ