このページの本文へ

サイバートラストとパルスセキュアが協業、リモートアクセス統合認証ソリューション

端末認証+VPNで「Office 365」などのセキュアアクセス実現

2017年12月11日 06時30分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サイバートラストとパルスセキュアジャパンは12月7日、両社のデバイスID認証とモバイルVPNを組み合わせたリモートアクセス統合認証ソリューションの提供で協業することを発表した。PCやスマートフォンなど多様なモバイルデバイスから、「Office 365」などのクラウドサービスをよりセキュアに利用できるようにする。

 今回の協業では、端末認証用のSSL証明書発行管理サービス「サイバートラスト デバイスID」と、モバイルデバイスからアプリケーション/サービスへのセキュアなアクセスを実現するSSL-VPN「Pulse Connect Secureシリーズ」(PCS)を組み合わせたソリューションを提供する。

「Pulse Connect Secure」のイメージ(パルスセキュアWebサイトより)

 PCSでは、デバイスIDの証明書で端末認証を行うとともに、正当な端末に対してはさらに、マルウェア対策製品のパターンファイルやOS/ソフトウェアのパッチの適用状況など、企業のセキュリティポリシーに適合しているかどうかを検査して、アクセスを制御する。これにより、Office 365などのクラウドサービスを利用する際に、許可されていない端末やポリシー違反の端末からの不正アクセスを防止できる。

 また、オンプレミスのExchange ServerからOffice 365への移行によって、ユーザー端末は社内流通メールもHTTPS/インターネット経由でアクセスするようになり、大量のトラフィックがゲートウェイセキュリティ(Webプロキシ/フィルタリングなど)に影響を及ぼすおそれがある。PCSによって、Office 365のトラフィックが他のWebトラフィックと分離されるため、既存のWebセキュリティ対策を適切な状態に維持できるとしている。

カテゴリートップへ