このページの本文へ

14型/13.3型ともに第8世代インテルCore i5を搭載

ASUS、美しさとパワーがさらに磨かれたZenBookの新モデルを発表

2017年12月08日 16時30分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「ZenBook 14 UX430UA」

 ASUS JAPANは12月8日、処理能力とデザインをさらに向上したノートパソコン「ZenBook 14 UX430UA」および「ZenBook 13 UX331UN」を発表した。

 美しさと強度を兼ね備えるナノ・インプリント・リソグラフィ技術の新素材を天板に採用。ZenBook 14 UX430UAは狭額ベゼルによる大画面が魅力の14型ノート。新たに第8世代インテルCore i5を搭載、タッチパッドにはWindows Helloに対応した指紋センサーを搭載している。

ZenBook 14 UX430UAの背面にはナノ・インプリント・リソグラフィ技術を採用

 携帯しやすい13.3型液晶のZenBook 13 UX331UNにも第8世代インテルCore i5-8250Uを搭載、グラフィックスとしてNVIDIA GeForce MX150を採用するなどコンパクトながら高いスペックを実現。ボディーカラーとして、高級感のあるシックなロイヤルブルーとクールなグレーメタルの2色が用意される。

「ZenBook 13 UX331UN」

 ZenBook 14 UX430UAは2018年1月下旬以降の発売予定で予想実売価格は15万円前後、ZenBook 13 UX331UNは12月15日の発売予定で予想実売価格は13万円前後。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン