このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

松村太郎の「西海岸から見る"it"トレンド」 第191回

連休明けとサイバーマンデー、買い物防止に断捨離が効く

2017年11月29日 12時00分更新

文● 松村太郎(@taromatsumura) 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

消費大国のアメリカでも
モノを“持たない世代”が育ちつつある

 筆者の買い物をしたくなくなった気分とは裏腹に、今回のサイバーマンデーの売上は過去最高を記録すると予測されています。各種経済レポートを見ると、米経済の7割が個人消費によって占められているそうです。アメリカ人が日常的に断捨離を覚えると、不景気などの影響が出てしまいそうですね。その点、筆者の行動は非常に危険なものだったのかもしれません。

 とはいえ、アメリカでも持たない世代が育っています。筆者が仕事場にしているWeWorkも、以前に本連載で紹介したスマホ活用のカーシェアサービスGIGも、持たない、シェアすることを前提にして、しかし不動産や自動車を利用するライフスタイルを維持する、という仕組みです。

 断捨離で捨てられない人へのアドバイスとして、「写真を撮って捨てる」という方法があります。写真に撮るぐらいだったら、最初から実態がなくデータで受け取れば良いのにと思うと、音楽や書籍の類は最初からデータで受け取れるようになっていますね。

 筆者ももうCDプレイヤーがないので、音楽はデジタルでしか持っていません。しかも購読型サービスになったので、所有しているとも厳密に言えません。その点、ものが増え続ける事態には、そのうち歯止めがかかっていく可能性はあります。洋服までデータになったら面白いですね。

 しかし今度は、データや購読型サービスの断捨離が必要になりますよね。もうこのデータやアプリは使わないからスマホから削除しようとか、対して使っていないアプリの購読を打ち切ろうとか。前述のように、サイバーマンデー近辺を購読の開始日にしておけば、ものとともにサービスをそれぞれ断捨離でき、落ち込んでセールでも反応しなくなるのではないでしょうか。

 その点、こうした断捨離をかいくぐって残ったモノやサービスは、長く使われる、非常に強いつながりを持つものになっていくでしょう。カメラとか、お気に入りのヘッドフォンとか、Adobeのアプリ購読とか、この原稿を書いている漢字変換ソフトのATOK、テキストエディタのUlyssesの購読などがそれに当たります。

 そしてなによりスマートフォンとノートパソコン。やっぱりこの2つのデバイスは絶対必要です。これらが他のモノに置き換えられたり、統合する日も来るのかもしれませんし、実態がなくなるのかもしれません。断捨離に耐えうるテクノロジーの姿については、今後も注目していきたいと思います。


筆者紹介――松村太郎

 1980年生まれ。ジャーナリスト・著者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)。またビジネス・ブレークスルー大学で教鞭を執る。米国カリフォルニア州バークレーに拠点を移し、モバイル・ソーシャルのテクノロジーとライフスタイルについて取材活動をする傍ら、キャスタリア株式会社で、「ソーシャルラーニング」のプラットフォーム開発を行なっている。

公式ブログ TAROSITE.NET
Twitterアカウント @taromatsumura

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン