このページの本文へ

ZOZOツケ払い開始1年、決済代行会社の「貸倒引当金」急増

2017年11月27日 06時00分更新

文● 週刊ダイヤモンド編集部(ダイヤモンド・オンライン

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
お金を払わなくても、取りあえず商品が手元に届く「ZOZOツケ払い」。ビジネスとして成立するのかどうか。Photo:スタートトゥデイのホームページより

 ファッション通販サイトのZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが2016年11月に始めた「ツケ払い」は、代金の支払期間を最長2カ月間とするサービスで、支払い能力の低い消費者の買い過ぎや滞納を引き起こすとの懸念が開始当初から指摘されていた。

 滞納して督促を受けた、との利用者によると思われる書き込みがSNS上ではよく見られる。実際の滞納の規模は不明だが、少なくとも、スタートトゥデイに代金を立て替え払いし、利用者から回収する業務を行うGMOペイメントサービス(GMOPS)を子会社に持つGMOペイメントゲートウェイ(GMOPG)の与信関係費用が急増しているのは事実だ。

 同社の決算資料によると、17年9月期は前年同期比で、売上高、営業利益共に大幅に増加したが、流動資産に計上された貸倒引当金は、3億2788万円から23億9378万円に、未収入金も17億4261万円から146億7857万円にそれぞれ急増している。

 GMOPGの広報担当者によると、これらの増加は主にZOZOツケ払いの決済代行を始めたことによるもの。同社は、スタートトゥデイから受け取ったシステム利用料や手数料から成る売上高から原価を差し引いた粗利の全額を貸倒引当金として計上。このうち、実際に回収できた金額から販管費などのコストを除いた額がGMOPGの利益となる。

 2カ月の支払期間を超えた場合は、GMOPSが18カ月かけて回収する。現時点で、サービス開始から2カ月と18カ月を合わせた計20カ月が経過していないため、最終的な未回収率はまだ不明だ。そのため、ZOZOツケ払いの代行による利益は、17年9月期決算には計上していない。

 GMOPGは、スタートトゥデイから受け取っている手数料を公表していない。だが、もし未回収率が高まれば、手数料収入を圧迫する。回収にも相応のコストが掛かるわけで「ZOZOツケ払いの代行はGMOPGにとって、決して楽な事業ではない」(金融業界関係者)との見方は根強い。

「3カ月後支払い」も登場

 今月には、ファストファッション通販サイトのSHOPLISTを運営するクルーズが、さらに長い3カ月間の「超あと払い」を試験導入した。支払期間が2カ月を超えるため、割賦販売法に基づいてクレジットカード利用者と同等の審査をし、滞納者は個人信用情報機関に登録される。

 ファッション通販サイトは成長産業との期待も大きいが「あまりに目先の利益を取りに行き過ぎではないか」(前出の関係者)との指摘がある。

 ZOZOツケ払いがどの程度の利益を生むのだろうか。来年6月末、GMOPGの18年9月期第3四半期決算時には未回収率が確定しているはずだ。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 岡田 悟)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ