このページの本文へ

ROCCAT「Kone AIMO」

オリジナル光学センサーと新設計のLED機能を備えるゲーミングマウス

2017年11月23日 23時54分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ROCCATのゲーミングマウス「Kone」シリーズから、新モデル「Kone AIMO」が登場。パソコンショップアークで販売がスタートした。

「ドイツの高級スポーツカーをイメージした」とうたうROCCATのゲーミングマウス「Kone AIMO」

 「Kone AIMO」は、「ドイツの高級スポーツカーをイメージした」とうたうゲーミングマウス。サイズは公開されていないが、中~大サイズといったところ。なお、重量は約130gとされる。センサーは「Kone EMP」や「Kone Pure -Owl-Eye」と同じ1万2000dpiのOwl-Eye オプティカルセンサーを採用。クリックスイッチにはキー耐久性5000万回のROCCAT限定スイッチを搭載する。

センサーは「Kone EMP」や「Kone Pure -Owl-Eye」と同じ12,000dpiのOwl-Eye オプティカルセンサー。サイズは非公開だが中~大サイズといったところ

 そのほか、ARM製高性能プロセッサーCortec-M0(50MHz)と512KBのオンボードメモリーによるマクロ機能や、素早いコントロールを可能にする「Easy-Shift[+]ボタン」、マウスカーソルの飛びを防止する「ディスタンスユニットコントロール」などの独自機能をサポートしている。

“ライティングに関するユーザーの行動を学ぶ”というAIMOインテリジェントライティングシステムを備える

 また、LED機能のAIMOインテリジェントライティングシステムを備えるのも特徴。“ライティングに関するユーザーの行動を学ぶ”というユニークなもので、プレイ内容に応じてライティング効果が変化していくという。インターフェースはUSB、ポーリングレートは1000Hz、応答速度は1ms、加速度は50G、トラッキング速度は250ips。

 カラーはホワイトとブラック。価格は1万1858円。パソコンショップアークで販売中のほか、ツクモパソコン本店とツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.では近日入荷となっている。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中