このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

漢アカザー、ゲーミングPC回廊をゆく! 第2回

極小&ハイパフォーマンスという二律背反の両立

ゲーミングPCの新たな地平を開くGALLERIA Miniにアカザーが惚れた!

2017年11月30日 13時00分更新

文● 赤澤賢一郎 イラスト●水口幸弘 編集●村野晃一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アカザーの気なりポイント・熱と騒音は?

 とまぁ、ここまではベタ褒めの俺だが、これだけ小さいのに高スペックだとやっぱり気になる事がある。それはCPU温度の上昇を抑える排熱機能!そして、その排熱機能を支えるファンの騒音だ!アンタらも気になるだろ?

 

 だいたいこの手の小型PCは高負荷がかかるゲームをやると、あっという前にCPUやグラボの温度が上昇>熱ダレ>カクカク描画ってのがこれまでの常識。

 そこんトコこのGALLERIA Miniはどうなのか?ハッチ先輩どうなんすか?ってコトで週アスが誇る自作PCエキスパートチーム“ジサトラ”にベンチマークを依頼してみましたヨ。もちろん、Core i7-7700搭載の上位モデルでだぜ!

気になりポイント①
排熱性能について

アイドル時のCPU温度

 CPU温度計測ソフト「HWMonitor ver.1.33」を使用して計測。“Package”の数値がCPU全体の温度。最低が39℃で、最高時でも61℃。

動画視聴時のCPU温度

 動画視聴時は、最低温度が36℃、最高値が65℃。アイドル時と4℃ほどしか変わらない。GPUの温度も38~43℃とそれほど高くはなっていない。

高負荷時のCPU温度

 高負荷時。「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」を最高設定で5連続計測した際の値。CPU温度は最低温度が36℃、最高で85℃。流石にMAX温度は上昇しているが、それほど高くはない。高い冷却性能が見て取れる。GPUの温度も、最低で36℃、最高で70℃だった。

ケースにビシッと収まるCPU、グラボのファンがやべぇ!

 実はこれだけの極小ボディだと、インテルの標準クーラーは入らねぇ。市販のクーラーでも入るものはないってんで、専用設計されたCPUクーラーを使用しているとのこと。この専用クーラーとツインファンによる排熱機構、スムーズな空気の流れを生むためのボディに空きまくりの排気孔の効果により、全く熱処理はまったく問題ナシ!

気になりポイント②
ファンの静音性

 続いて騒音計測の結果。同じく動画再生中、FFベンチ計測中の数値を計測。

動画再生時騒音(最低レベル)

動画再生時騒音(最高レベル)

 動画再生時の騒音は最低値で42.4db、最高値で46.6dbで、図書館にいる程度の静音状態。実際、筺体に近づけばファンが回転しているのは分かるが、耳を澄ませてわずかに「ウー」という音が聞き取れるかどうかといった程度。再生中の動画の音声は切っていたので、動画視聴時の音声再生に掻き消えてしまうレベルの音だ。

高負荷時騒音(最低レベル)

高負荷時騒音(最高レベル)

 高負荷時。最低値は54.1db、最高値で55.0db。家庭の生活音程度。筺体に耳を近づけると、「フィーン」という高音域のファンの音が聞き取れる。実のところ、もっとはっきりとした騒音が聞こえると思っていたので、少々肩透かしを食らった気分。筺体から離れた位置でBluetooh接続のマウスやキーボード、ゲームパッドを利用しての操作なら、ほぼ気にならない程度だといえる。筺体が近くにあったとしても、ヘッドホンを着用してのゲームプレイなら、ほぼ邪魔にならない程度の騒音。

 ファンの騒音はアイドル時ではノートPC並みでほぼ無音。動画視聴時でも、動画の音声を阻害しない程度で全く問題ナシ!

 と、言いてぇところだが、さすがにカツカツの高負荷時には、ファン全開で近くにいると少々耳障りに感じることもあるかもれしねぇとのこと。とはいえ、実際にガッツリとゲームに没頭する際にはヘッドフォン使用ってコトが多いので、実のところこれも問題ナシだぜ!!

 もう1点気になるところがあるとすりゃあ、電源周りなんだが、これだけのキュートボディーだと、中に電源を内蔵ってわけにもいかねーもんで、GALLERIA MiniにはかなりごついACアダプターが付属している。

付属のACアダプター(230W)

 とはいえ、高性能なゲーミングノートPCでもACアダプターはかなりごついので、その点はまぁ痛み分けと言ったとこかな。

GALLERIA Miniは他人に自慢しまくりたいゲーミングPCだった!

 拘りのマニアな俺も大満足のGALLERIA Mini!最後に詳細なスペックを載せとくので、気になっちまったアンタは隅々まで要チェック!

 なんつったって、今からアキバに出かけても、買ってすぐに持って帰れる本格ゲーミングPCなんだからな!!

GALLERIA Mini 1060の主なスペック
OS Windows 10 Home インストール済み
CPU インテル Core i5-7500プロセッサー(標準モデル)
インテル Core i7-7700プロセッサー (上位モデル)
メモリー 8GB SO-DIMM PC4-19200(8GBx1 空きスロット x 1)
*その他カスタマイズで32GBまで搭載可能
マザーボード インテル B250 チップセット
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB
ストレージ 250GB SSD
*その他カスタマイズ可能
光学ドライブ 非搭載(搭載不可)
サウンド オンボード HD サウンド (Realtek ALC283)
有線LAN 10BASE-T,100BASE-TX,1000BASE-T LAN (INTEL I219V)
無線LAN Intel Wireless-AC 3168 (IEEE802.11 ac/a/b/g/n Bluetooth 4.2)
Bluetooth Bluetooth 4.2
フロントI/O USB 3.1Type-A Gen1 x 1,USB 3.1Type-C Gen1 x 1,ヘッドフォン出力 x 1,マイク入力 x 1
リアI/O USB 3.1Type-A Gen1 x 2,HDMI 4K@60Hz x 1,HDMI 4K@30Hz x 1,DisplayPort x 1,Mini DisplayPort x 1,有線LAN x 1
内部I/O SATA 6Gb/s x 2 (専用ケーブル接続),M.2 x 4,2230 x 1 WiFiモジュール専用,2242/2260/2280 Ultra M.2 x 1 (NVMe/AHCI/Optane), 2260/2280 Ultra M.2 x 1 (NVMe/AHCI),2260/2280 M.2 x 1 (AHCI)
キーボード GALLERIAキーボード
マウス GALLERIAマウス
サイズ 81.9 x 213 x 154.5mm
重量 約2kg
付属品 ACアダプタ(230W)
価格 14万9980円(標準モデル)
16万4980円(Core i7-7700搭載モデル)

 GALLERIA Miniは間違いなくこの冬のゲーミングPCシーンはもとより、今後トレンドのPCスタイルにもなりえそうな魅力的なマシン。年末にみんなで集まってLANパーティなんてときに、コイツを携えて登場すればヒーローになること間違いなしだぜ!

書いた人:赤澤賢一郎(あかざわ けんいちろう)

 ゲーム、ホビーをこよなく愛するフリーライター。負けず嫌いだがレースや対戦モノが大好物。通称:「アカザー」「ケンちゃん」「巻き舌の狂犬」など多数。元週刊アスキー編集者で、現在も週刊アスキーの看板レポート漫画「カオスだもんね!PLUS」の担当編集として活躍中。

提供|サードウェーブデジノス

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
関連サイト
コンテンツ