このページの本文へ

インテルCPUにAMDのGPUが搭載

2017年11月07日 18時45分更新

文● ラッキー橋本/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AMD GPUを搭載する第8世代Coreプロセッサー

 米インテルは11月6日(現地時間)、インテル製CPUコアとAMD製のカスタムディスクリートGPUを1パッケージに収めたノートPC向けのCoreプロセッサーを発表した。

 インテルのモバイル向けプロセッサーCore Hシリーズに、RadeonベースのセミカスタムGPUを搭載したチップ。現在CPUとGPUの仕様や性能などは明らかにされていない。

 またCPUとGPUは「Embedded Multi-Die Interconnect Bridge(EMIB)」という技術で接続するほか、温度、電力、性能状態をリアルタイムでチェックし、CPUとGPUの負荷に応じて電力を調節する「power sharing framework」が導入される。

従来は、CPUに加えてディスクリートGPUやメモリーが搭載されるため大きなフットプリントとなっていた(左)。新しいCoreプロセッサーではこれらを1パッケージにまとめ基板を小型化している(右)

 今回のプロセッサーを使うことで基板のフットプリントを大幅に削減し、ゲーマーやヘビーユーザー向けのノートPCをさらに薄型化できるとしている。

 なお、2018年第1四半期に本プロセッサー搭載製品が登場する予定だという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中