このページの本文へ

NVIDIA「GeForce GTX 1070 Ti」

恒例の深夜販売もあったGeForce GTX 1070 Tiが一斉発売

2017年11月03日 02時02分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NVIDIAのハイエンドGPU「GeForce GTX 1070 Ti」を搭載したビデオカードの販売が、2日(木)22時からスタート。秋葉原では恒例の深夜販売も実施された。

NVIDIAのハイエンドGPU「GeForce GTX 1070 Ti」を搭載したビデオカードが一斉に発売開始

 「GeForce GTX 1070 Ti」は、既存のGeForce GTX 1070とGeForce GTX 1080の中間に位置するハイエンドGPU。CUDAコア数はGTX 1080の2560基から2432基に削減、GTX 1070の1920基からは512基増えている。

 また、コアクロックは1607MHz、ブーストクロックは1683MHz。ビデオメモリーはGTX 1070と同じGDDR5 8GBでGDDRXではない点に注意。TDPは180W、外部電源8ピンというスペックはGTX 1080と同じだ。そのほか、詳細については「GeForce GTX 1070 Tiは中身も性能もほぼGTX 1080だった」を参照してほしい。

ドスパラ秋葉原本店ではNVIDIA チャネルマーケティング&セールスマネージャの高橋一則氏やライターの高橋敏也氏、声優の村井理沙子さんがカウントダウンを実施

 アキバ恒例の深夜販売は、ドスパラ秋葉原本店とパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店で実施。約10名ほどのユーザーが発売されたばかりのGeForce GTX 1070 Ti搭載カードを購入していた。

ドスパラ秋葉原本店では、早速同日発売のCoffee Lakeと組み合わせた搭載PCの実機デモを展示していた
ドスパラ秋葉原本店(左)とパソコン工房 秋葉原 BUY MORE店(右)のラインナップと価格

 今回発売されたのは、ASUS、GIGABYTE、MSI、Palit、ZOTAC、玄人志向の6メーカーから計10モデル。販売価格に幅はあるが約5万9900円~7万5000円。最安値ベースながら、下位のGTX 1070が約4万5000円、 上位のGTX 1080が6万円前半で販売されていることを考えると割高感は否めない。

ASUS「ROG-STRIX-GTX1070TI-A8G-GAMING」ZOTACからは「GeForce GTX 1070 Ti AMP Extreme」を筆頭に3モデルが販売中
GIGABYTEは「GV-N107TGAMING-8GD」「GV-N107TGAMING OC-8GD」の2モデル
MSI「GeForce GTX 1070 Ti GAMING 8G」
MSI「GeForce GTX 1070 Ti ARMOR 8G」

 販売してるのは、パソコンショップアーク、ドスパラ秋葉原本店、パソコン工房 秋葉原 BUY MORE店、ソフマップAKIBA②号店 パソコン総合館、ツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.。

最安モデルとなるPalit「GeForce GTX 1070 Ti DUAL」
玄人志向(GALAX)「GF-GTX1070Ti-E8GB WHITE」

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中