このページの本文へ

花粉症患者ガッカリ、舌下錠免疫療法薬が発売先送りの理由

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
衆院選をにぎわす某党も「花粉症ゼロ」を政策に掲げているぐらい、花粉症はつらいもの Photo:123RF

 日本初の舌下錠タイプのスギ花粉症アレルゲン免疫療法薬「シダキュアスギ花粉舌下錠」(医療用医薬品)の発売が2018年4月以降に先送りされた。スギ花粉シーズンは1~4月。患者にとって悲報である。

 アレルゲン免疫療法とは、アレルギー疾患の原因物質を少量から投与することで体を慣らし、症状を治したり、長期にわたって抑えたりする可能性がある治療法。舌下錠とは舌の下で一定時間キープした後、飲み込む錠剤だ。

 現時点のスギ花粉症向けアレルゲン免疫療法薬の最先端は液剤の舌下液(医療用医薬品)で、従来の皮下注射と比べて痛みがないなどの利点はあるものの、冷所保管が必要で取り扱いが不便だった。

 花粉症患者は国民の約20%と推定され、うち約70%はスギ花粉症といわれている。舌下錠は室温保存が可能になるので、「忙しい朝は会社に持っていって服用できる」(大阪の30代会社員)などと、多くの患者が心待ちにしていた。

 発売時期がなぜ先送りされたかといえば、9月に厚生労働省の国内製造販売承認を取得した鳥居薬品が11月の薬価収載を見送ったからだ。薬価とは医療用医薬品の公定価格。医療用医薬品は厚労省に薬価を付けてもらって(薬価収載)初めて保険適用として流通が始まる。

 鳥居薬品は最短で18年4月の薬価収載を目指すという。薬価収載されてすぐに流通開始したとしても、アレルゲン免疫療法は「スギ花粉のオフシーズン」に始める必要があるので、19年シーズン以降に対応したものとなる。

見送った本音は?

 薬価収載を見送った理由について鳥居薬品は、「販売準備に時間を要する」「詳細は差し控える」などとしている。これに対し、一部の業界関係者は「厚労省と薬価の折り合いがつかなかった」というビジネス的な理由があるとみている。というのも前回の舌下液の際も折り合いがつかず、鳥居薬品は薬価収載を見送った経緯がある。

 業界関係者によると、通常は承認後すぐに薬価収載し、流通を始める。「限られた特許期間にできるだけ商機を確保しよう」という発想からで、承認時期を見越して販売準備をするのは「ビジネスとして当然」(前出の関係者)。

 翻って薬価収載を見送るのもビジネス的判断。薬価収載が決まるまでの厚労省との協議の中で、「想定した薬価が付かなそう」と分かれば、いったん見送るのもアリなのだ。製薬会社は薬価を上げてもらうため、革新性などを評価してもらう対策を練る。

 このケースでも製薬会社の理屈は「患者のため」。ある新薬でもうからなければ次の新薬の研究開発費を生み出せないという理屈だ。

 ただそこまで分かる国民は少数派。薬価収載見送りは「患者不在の企業判断」という負のイメージを与えかねない。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 土本匡孝)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ