このページの本文へ

カジュアル化する遺伝子検査 どこまで規制されるべきか?

2017年10月11日 11時58分更新

文● Emily Mullin

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
日本でも広告をよく見かけるようになった直販型の遺伝子検査を巡って、米国で議論が起きている。9月にはフットボールの試合会場で無料のDNA鑑定をばら撒こうとした企業に、メリーランド州から待ったがかかった。規制当局の判断が揺れるなか、線引きが難しくなっている。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ