このページの本文へ

新潮流「DIYバイオ」は食糧問題解決の切り札となるか

Yasuhiro Hatabe

2017年10月10日 05時48分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
企業や大学の閉ざされた研究室から飛び出した個人が、生物学をハックする「DIYバイオ」の動きがアメリカを中心に広がっている。日本でもさまざまなバックボーンを持つ有志が集まり、人工培養肉の開発を試みる団体が現れた。彼らが想像する「食糧」を取り巻く未来の社会とは。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

Web Professionalトップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ