このページの本文へ

LINEショッピング会員数が1千万人突破、開始から110日で

2017年10月05日 06時22分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

LINE(株)は4日、ショッピングサービス「LINEショッピング」の会員数が、サービス開始から110日にあたる10月3日時点で1000万人を突破したと発表した。

買い物経験者の4割はショートカットアイコン利用者

 「LINEショッピング」は、ファッションや雑貨、スポーツ・インテリア・家電・コスメなど700万点を越えるジャンルの商品を、LINEアプリ上から手軽に検索・閲覧できる総合ショッピングサービス。メーカーやファッションブランドのオンラインショップ、ショッピングモールなど幅広い店舗の商品を展開している。

 同サービスは、今年6月15日にサービスを開始。参加企業やブランドは現在約200店舗となった。ホーム画面から直接気に入ったサイトにアクセスできるショートカットアイコンの利用者は、実際に買い物をしたユーザーのうち約4割(調査期間:9月1日~30日)に達している。

 「LINEショッピング」では9日まで、東京都渋谷区宇田川町のSHIBUYA SPOT SALE特設会場で、立ち寄るだけで“トクする”ショッピング体験ができる秋イベント「SHIBUYA SPOT SALE by LINEショッピング」を開催。来場者全員が700万点以上のアイテムを実質20%オフで購入できるほか、抽選で毎日5人が実質99%オフ(最大10万ポイントバック)になる抽選会を実施している。

■「LINEショッピング」

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く