このページの本文へ

楽天とコーエンが提携、「coen」店舗とネットでポイント連携も

2017年10月05日 02時40分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

楽天(株)は4日、ユナイテッドアローズグループの(株)コーエンと、楽天が運営する共通ポイントサービス「楽天ポイントカード」で提携した。

店舗で「楽天スーパーポイント」が利用可能に

 この提携により「coen」店舗での商品購入時、「楽天ポイントカード」または「楽天ポイントカードアプリ」の提示で、200円(税抜)につき楽天スーパーポイントを1ポイントが付与される。また、「coen」が出店している楽天のファッション通販サイト「Rakuten BRAND AVENUE」の利用により、オフライン店舗とオンライン店舗の両方で楽天スーパーポイントが使えるようになる。

 貯まった楽天ポイントは、「楽天ポイントカード」加盟企業がサービス提供する、ガソリンスタンド、コンビニ、ドラッグストア、飲食店などで利用が可能。「楽天市場」でのショッピングや「楽天トラベル」での宿泊予約、レンタカー予約など、楽天グループの各種サービスにも利用できる。

 サービスの開始は2018年春を予定。対象施設はコーエンが運営する全国の「coen」87店舗。対象商品は「coen」で販売する全商品(一部対象外)。

■「coen」

Web Professionalトップへ

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

Webディレクター江口明日香が行く