このページの本文へ

ウェブカメラに加えて赤外線カメラも装備

上海問屋、Windows Hello対応の顔認証カメラを発売

2017年09月29日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「Windows Hello対応 顔認証カメラ」

 上海問屋は9月29日、Windows Helloに対応した顔認証カメラを発売した。

 ウェブカメラ(1280×720ドット、30fps)に加えて30万画素相当の赤外線カメラと赤外線LEDを搭載。赤外線による顔の凹凸も検出するWindows Helloの顔認証に対応。

利用イメージ

 接続はUSB 2.0で、USBバスパワーで動作する。本体サイズはおよそ幅80×奥行き13.5×高さ19mm、重量はおよそ15g。ディスプレーなどにセットするマウントやドライバーCDが付属。価格は5999円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

関連サイト
ラインナップ
コンテンツ