このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

国内だけではなく海外にアプローチしてさらなる飛躍を!

グーグルがモバイルゲーム開発者の「成功」をあの手この手で支援

2017年09月22日 09時00分更新

文● 飯島恵里子/ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ドロイドくんがいる国は世界規模で開発者の成功を支援するために、グーグルの専任チームが配置されている

ゲーム開発者の成長をサポートするツールを開発

 続いてグーグルのGoogle Play ゲーム事業開発部日本統括 金 清司氏が登壇。金氏の部署では、主にゲーム開発者の相談相手として持続可能な成長をサポートしている。

 2016年の新興国の数字を金氏は披露したが、28種のAndroid端末が利用され3億を超える新しいユーザーが誕生したという。アプリの購入者は30%成長し、1億を超えるユーザーが新しい支払い方法を利用しているそうだ。

2016年、新興市場では28種のAndroid端末があり3億人のユーザーが新たに増えた。OSは同じだが、仕様が異なるのは開発者泣かせでもある

 Android端末といえば世界中のOEMメーカーと協業しているため、ハイエンドスペックから新興国のユーザーでも購入しやすい価格帯のものまで、多数のラインアップを揃えているが、開発者にとってはその幅広さが悩みのタネにもなる。

スマホの記事を書く編集者も欲しい! デバイスカタログ

 グーグルは、2017年5月に開発者向けのツール「Google Play Developer Console」を刷新。例えば「デバイスカタログ」では、開発者の国では発売されていない端末についても調べることが可能で、これによりアプリの動作保証が難しい端末の場合は、配信をしないという選択も簡単にできるという。

 そのほか、ストアページの訪問した人のコンバージョンや、アプリのサムネール画像の好みを調べるためのABテストも実施できるという。

ユーザー動向やGoogle Playストアのデザイン変更のためのA/Bテストツールなども、用意されている。各国のユーザーの好みに合わせてローカリゼーションするための手助けとなる

 自国以外のユーザーにアプローチする場合は、アプリの翻訳だけではなく、文化面での配慮も必要になってくる。グーグルは開発者はアプリ開発に専念できるよう、世界展開の計画や細部のローカライズについて、また主要市場に関するデータを洞察などをまとめたハンドブックを開発者に配布し、サポートしている。

Indie Games Festival 2018を日本で初開催

インディーゲームコンテストの開催を発表

 世界で活躍を目指す小規模なデベロッパーを応援することを目的に、インディーゲーム向けコンテスト「Indie Games Festival 2018」をGoogle Playが主催することを発表した。このイベントは、2016年に韓国で始まり、その後アメリカ、イギリスで実施され、日本では初めて開催される。

これまでの様子

 キックオフイベント兼コンテストの説明会は10月28日、賞品、審査員、ファイナルイベントの会場などは2018年2月1日に発表するという。

小さなチームでも世界に羽ばたくチャンス!


前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン