このページの本文へ

「500年に一度」なぜ頻発?洪水リスク予測モデルは時代遅れだ

2017年09月08日 18時35分更新

文● James Temple

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
大型ハリケーン「ハービー」はヒューストン周辺地域全体に甚大な被害をもたらした。米国政府のリスク予測によると、ハービーは「過去3年間でヒューストンを襲った3度目の、500年に1度レベルの洪水」ということになる。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ