このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

末岡洋子の海外モバイルビジネス最新情勢 第182回

iPhoneが強い最大の理由はそれがiPhoneだから

2017年08月31日 10時00分更新

文● 末岡洋子 編集● ASCII編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アメリカがモバイル業界の中心に

 あれから10年。この間、Steve Jobs氏は逝去し、Googleがその後に作ったAndroidがスマートフォン市場を占拠している。Nokiaは一旦は消え、Androidメーカーとして再生し、そのNokiaから人材を引き抜き、巨大なマーケティング費用を後ろ盾にAndroidでトップにたったSamsungは、同じような強化策で力をつけるHuaweiの猛攻を受けている。

 Appleはその後、iPad、Apple Watchなどのモバイル製品を世に送り出したが、iPhoneほどの崩壊力はない。iPhoneユーザーがiPhone以外を検討しない理由で最も多くあがったのは「iPhoneは最高のスマートフォンだと思うから」だそうだ。10年が経過して、iPhoneを超える存在はない。

 iPhoneが変えたのは携帯電話メーカーの勢力図だけではない。iPhone発売前の携帯電話業界は日本・韓国、欧州がリードしており、アメリカは中心ではなかった。それが、iPhoneにより様変わりし、iTunesの仕組みを使ったアプリを始め”震源地”は西海岸に移ってしまった。IT業界そのものを変えてしまったと言っていい。4Gでは日本・韓国と米国のキャリアが先行し、欧州は遅れをとった。5Gもおそらくそうなるだろう。


筆者紹介──末岡洋子


フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン