このページの本文へ

温暖化対策の切り札なるか ハーバード大教授が語る 「成層圏注入」実験の意義

2017年08月14日 21時59分更新

文● James Temple

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
気候を人工的に変えることで温暖化へ対応する地球工学の手法「成層圏注入」の初の屋外実験が始まる。リスクを指摘する声もある中で、なぜいま屋外実験が必要なのか。研究を主導するハーバード大学のデビッド・キース教授に意義を聞いた。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ