このページの本文へ

1日中コーヒーを飲んでいる人のために

象印マホービン、1度に10杯抽出できる大容量コーヒーメーカー「珈琲通」

2017年08月04日 19時40分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「珈琲通」

 象印マホービンは8月4日、1度に10杯抽出できる家庭用コーヒーメーカー「珈琲通」を発表。9月1日に発売する。

 コーヒーブームを受けて自宅でも大容量を1度に抽出できる製品の需要が高まると予想し、北米で先行販売したモデルを日本向けに設計変更したという。1度にコーヒーカップ約3~10杯分を抽出でき、抽出後のコーヒーは加熱することなく保温できる断熱構造のステンレスサーバーを採用。煮詰まらずに淹れたてのコーヒーが楽しめる。また、抽出開始時刻を設定できる24時間予約タイマー、クリーニングお知らせランプなどを搭載する。

経済的なステンレスメッシュフィルターを採用(左)、24時間予約タイマーを装備(右)

 抽出容量は1350mL、本体サイズはおよそ幅27×奥行き20×高さ37.5cm、重量はおよそ4.1kg。価格はオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン