このページの本文へ

JALがベトナムLCCと提携、ANAとの“陣取り合戦”が過熱

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ベトナムで両社の提携に向けた調印式が行われた。JALは機材整備など運航品質を上げるノウハウの提供も検討している Photo:kyodonews/gettyimages

 日本航空(JAL)は7月25日、ベトナムのLCC(格安航空会社)、ベトジェット・アビエーションと包括的業務提携を結んだ。急成長する日本とベトナム間の航空需要を取り込もうと、両社は日本~ベトナム便と両国内便、さらにベトナム発着の周辺アジア各国便で共同運航(コードシェア)を行う予定だ。

 実はこれ、近年激しさを増す「空の陣取り合戦」において、ANAホールディングスに“奪われた”分を、取り戻すためでもある。

 JALは長年、国営ベトナム航空と共同運航していたが、昨年秋に解消している。ベトナムの国営企業改革の一環で、ベトナム航空の株が売りに出された昨年1月、ANAホールディングスがベトナム航空に約120億円(株式割合で8.8%)を出資して提携。共同運航などを始めたからだ。

 あるJAL幹部は当時を振り返り、「うちが経営再建下で新規投資ができない間、ANAは東南アジアへの足掛かり欲しさに、出資によって駒をひっくり返した」と悔しさをにじませる。こうしてJALは次の一手として、新たなパートナーを選んだというわけだ。

 ベトジェットはベトナム初のLCCで、効率的なオペレーションによる低運賃を強みに急成長しており、国内線シェアはベトナム航空に肉薄する40%超。国際線の便数はまだ多くないものの、米ボーイングの新型機を100機発注するなどして拡大を急いでいる。

LCCもサービスで差別化

 ちなみに、今回の提携発表で、JALはベトジェットをLCCではなく「ハイブリッド・エアライン」として打ち出している。

 業界関係者も聞き慣れない言葉だが、要は「低価格でも上質なサービス」を売りに、フルサービスキャリアーとLCCの「いいとこ取り」をした、新しいカテゴリーを指す。具体的には、LCCでは珍しくエコノミーより上の座席クラスを設定し、空港ラウンジを使えるようにするなどしている。

 JAL利用客はサービスに対する期待値が高く、LCCに対して「安かろう、悪かろう」という印象を持つ客も少なくない。「コードシェアを実施するに当たって一般的なLCCのサービスでは、お客さまにがっかりされてしまう」(JAL幹部)。そうした点でも、以前から上級サービスを提供していたベトジェットとのパートナーシップは理想的だったと明かす。

 ハイブリッド型が登場する背景には、LCCが増殖し競争が激しくなったことが挙げられる。例えばシンガポールのLCC、スクートとタイガーエアは経営難から合併するなど合従連衡も起きている。LCCも価格以外で差別化する時代に突入しているのだ。

 JALは今春、新規投資制限が解除された。ベトジェットへの出資は現時点で予定していないというが、新たな提携戦略の行方が注目される。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 柳澤里佳)


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ