このページの本文へ

遺伝子組換え蛾がニューヨークのキャベツ畑に間もなく現れる

Emily Mullin

2017年07月31日 10時49分更新

記事提供:MIT Technology Review

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
個体を死に至らせる遺伝子操作をした蛾を野外に放つ実験に米国当局の許可がおりた。環境や人間に害を及ぼすとは考えにくいとしているが、農業における遺伝子組換えの広範な使用に対して関心と不安が高まっている。

【この続きをMITテクノロジーレビューで読む】

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ