このページの本文へ

感熱プリンター出力のラベルも表現力アップ

黒と赤の2色同時印字が可能な感熱ラベルプリンター「QL-820NWB/QL-800」

2017年07月11日 15時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「QL-820NWB」(左)、「QL-800」(右)

 ブラザーは7月11日、同社の感熱ラベルプリンターとしては初となる黒と赤の同時印字が可能な「QL-820NWB」と「QL-800」を発表。8月上旬に発売する。

 専用の感熱用紙を用いることで、黒と赤を同時に印字。価格表示や注意喚起などのインパクトのあるラベル作成が可能となる。パソコンなどとの接続はUSBで、QL-820NWBは有線LANや無線LAN、Bluetoothも搭載(QL-800はUSBのみ)。パソコンからラベル印刷するだけでなく、スマホやタブレットからの印刷にも対応。

表現力豊かなラベル印刷が可能に

 いずれも最大印字幅は約58.9mm、印刷解像度は300dpi。QL-820NWBは液晶パネルを備え、本体サイズはおよそ幅125×奥行き234×高さ145(H)mm、重量約1.16kg。QL-800は本体サイズおよそ幅125×奥行き213×高さ142m、重量約約1.15kg。価格はいずれもオープンプライス。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン