このページの本文へ

周囲の明るさに加えて色温度を自動調整

BenQ、さらに目に優しい技術を搭載した27型ワイドディスプレー

2017年07月05日 14時00分更新

文● 行正和義 編集●ASCII

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「EW2770QZ」

 ベンキュージャパンは7月5日、目の疲れを低減する新「ブライトネスインテリジェンスプラス(B.I.+)」技術を搭載した27型ワイドディスプレー「EW2770QZ」を発表した。7月14日に発売する。

 B.I.+は、光センサーによって周囲の明るさや色温度を検出し、画面表示の輝度や色温度を自動調整する。また、映像コンテンツの明度も動的に調整することで明るいシーンは映像コンテンツを損なわない程度に減光するなどして目の疲れを低減する。従来機同様にフリッカーフリー技術、ブルーライト低減技術も搭載する。

ブライトネスインテリジェンスプラスにより色温度を自動調整

 2560×1440ドットのLEDバックライトIPS液晶を採用。液晶周囲4辺にウルトラスリムベゼルを採用するスリムなデザイン。映像入力はHDMI1.4×2、DisplayPort 1.2×1‎。2W×2のスピーカーも内蔵。本体サイズはおよそ幅613.8×奥行き460.58×高さ198.13mm、重量約5.9kg。価格はオープンプライス。

スリムベゼルのシンプルなデザインを採用(スタンドは取り外してVESAマウントで壁掛けできる)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン