このページの本文へ

3-4ヵ月待ちの人気商品も出始めている美食化する非常食市場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 災害時などに食べる非常食の需要が急増している。

 ネット通販サイト大手の楽天では、今年1~8月までの非常食の売上高は、前年同期比で2倍に増加。さらに一昨年比では実に10倍に拡大している。

 また、楽天市場への登録商品数で見ても、「震災前の約2倍となる約5200商品となった」(楽天)という。

 背景にあるのは、昨年3月の東日本大震災以降の防災意識の高まりだ。昨年は需要急増で在庫切れのケースが多かったが、今年に入って各社の供給体制が調ってきたこともあり、売上がさらに伸びている。

 こうした中、非常食のトレンドにも変化の兆しが現れている。

「最近は“おいしい”“非常食”などのキーワードで検索する顧客が多い」(楽天)のだ。

入手まで3ヵ月待ちという「缶deボローニャ」

 非常食の中には、入手困難なものも出ている。

 パンで大人気なのが、ボローニャFC本社の「缶deボローニャ」。かつては“行列のできる屋台のパン” として一躍ブームとなった同社のデニッシュ食パンだ。

 その後、2004年の新潟中越地震時に海上自衛隊向け商品として缶入り商品を開発し、07年から一般向けにも販売を開始した。

 2年間の長期保存が可能なだけでなく、従来のデニッシュ食パンと同じ工程で作られていることから、その味も評判となった。

「震災前は月産3万缶だが、今は6万缶。それでも50万缶のバックオーダーを抱えており、3ヵ月待ち」(同社)という人気ぶりだ。

 一方、コメで人気なのは、尾西食品の乾燥備蓄米(アルファ米)「尾西のごはんシリーズ」。

 保存期間は5年。お湯や水を入れるだけで乾燥したコメが軟らかくなり、炊きたてのような状態になる。

 原料は100%国産米で、五目御飯、赤飯、ドライカレー、チキンライス、エビピラフなど、12種類を取りそろえる。「美味しさを求めるお客様からの指名買いが多い」(林紳一郎・尾西食品専務)という。

 アルファ米で国内シェア6割の同社では震災を前後して売上は1.6倍に増加。その結果、「工場はフル稼働が続いているが、注文から納入までは4ヵ月待ちの状態」(同)という。

 今年10月には設備投資を行い、生産能力を1.3倍に増強する予定だ。

 大手メーカーも、人気商品の非常食化に注力し始めている。

 江崎グリコは07年8月に「ビスコ保存缶」を発売。昨年度の売上高は、前年度比で10倍、今年度はさらに1.5倍に増加する見込みだ。昨年8月には、3年保存が可能な「常備用カレー職人」も発売した。

 森永製菓も、07年8月に「マリービスケット保存缶」を、08年8月には「森永ミルクキャラメル保存缶」を発売した。昨年度は前年比で5倍超、今年度はさらに倍増の見込みと好調だ。

 さらには、東ハトも今年8月、「ハーベスト保存缶」を発売している。

 内閣府は8月29日、太平洋の南海トラフを震源とする「南海トラフ巨大地震」の死者が最大で32万人に達するとの想定数値を公表した。

 防災意識の高まりで非常食市場への参入が増える中、美食を巡る競争も熱を帯びていきそうだ。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 松本裕樹)

週刊ダイヤモンド


※本記事はダイヤモンド・オンラインからの転載です。転載元はこちら

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ